ウォーターサーバーをやめた理由は?代表的な理由3つをご紹介

この記事では、

  • 「ウォーターサーバーっていらないよね?」
  • 「ウォーターサーバーを導入したいけど、不要にならない?
  • 「知り合いからウォーターサーバーをおすすめされたけど、そもそもウォーターサーバーって必要なの?」

といった方向けに、ウォーターサーバーをやめた方の具体例とその理由を解説しています。

ウォーターサーバーを購入する前に、ウォーターサーバーをやめた理由をしっかりと把握して後悔しないようにしましょう。

ここでは、ウォーターサーバーをやめた具体的な理由や、メーカーとのトラブルの事例などを詳しくご紹介します。

ウォーターサーバーをやめた具体的な理由3つ

ウォーターサーバーをやめた理由

  • 「ライフスタイルが変わったからウォーターサーバー契約してると損だな」
  • 子どもも大きくなったしミルク作らないからいらないな
  • 思いの外高いし、ノルマも面倒だからやめよう」

など、ウォーターサーバーをやめる方には様々な理由があります。

 

実際にウォーターサーバーを利用していた方がウォーターサーバーをやめた理由を知ってからでも「本当に必要かどうか」検討するのも遅くはありません。

せっかく、ウォーターサーバーを購入するなら有効的に使用し長く使い続けたいですよね。

ここではウォーターサーバーをやめた具体的な理由3つをご紹介します。

スーパーやコンビニのペットボトルと比べて値段が高かった!

ウォーターサーバーは、機械のメンテナンス代や水の購入費用などのランニングコストが必要です。

※機種によってはメンテナンス代が無料なものもあります。

 

ウォーターサーバーで水を飲む場合と、スーパーやコンビニでミネラルウォーターを購入した場合の1ヶ月にかかる費用を比べてみましょう。

まず、1ヶ月に飲む水の量を1日2L×30日=60Lと仮定します。

ウォーターサーバーは、ボトル1個12Lが一般的。

ウォーターサーバーのボトルは1ヶ月に60L÷12L=5個必要と考えられます。そしてウォーターサーバーのボトルを1個1,000円程度すると考えましょう。

ウォーターサーバー(月額)ミネラルウォーター(月額)
5,000円3,000円

ウォーターサーバーは1ヶ月に1,000円×5個=5,000円の費用がかかる計算が成り立ちます。

一方でスーパーやコンビニのミネラルウォーターは、2Lのペットボトル1本100円程度。スーパーやコンビニを利用すると30日×100円=3,000円でミネラルウォーターが飲めてしまいウォーターサーバーよりも単純計算で2,000円水代の節約が可能です。

さらに、電気代やメーカーによってはサポート費用が発生するため、実際にはもう少し大きな金額差が発生します。

 

もちろん、ウォーターサーバーの中には5,000円いかないメーカーも存在します。

しかし、オシャレだから、みんなが使っているから、と言う理由でコストを考えずに購入した方はコスト面でウォーターサーバーを辞める方も多いようです。

ちなみに、以下記事では安さでウォーターサーバー比較しているので気になった方は確認してみてください。

関連記事

月額費用が一番安いウォーターサーバーを知りたい ウォーターサーバーの費用をランキングで知りたい 最安値のウォーターサーバーってどれ? 上記の疑問をお持ちの方に、この記事では月額費用が本当に安いウ[…]

総月額費用が安いウォーターサーバー

 

単純計算ではペットボトルの方が安いですが、スーパーやコンビニに毎回水を買いに行く手間や重い水を運ぶのが大変!という方はウォーターサーバーがあることのメリットが大きいです。

 

また、以下の記事ではウォーターサーバーとペットボトルについて詳しく比較していますので確認してみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 ウォーターサーバーとペットボトルを比べると、どちらが得なのか? ウォーターサーバーには、ペットボトルにはないメリットはあるのか? ペットボトルを取り付けるタイプのサーバーは、便利なのか?[…]

ペットボトル

スペースのことを考えていなかった!意外と高さ、幅で場所をとる

ウォーターサーバーは、メーカーのサイトで見るとスタイリッシュでカッコよく見えます。

写真で見るとコンパクトでスリムに見えるウォーターサーバーも、実物が届くと存在感にびっくりすることもあるでしょう。

ウォーターサーバーは背が高いのもあり、案外場所をとります。ウォーターサーバーの購入を検討する際には、サイトに掲載されている背丈を必ず確認してください。

2020年のウォーターサーバーの中には、キッチンカウンターの上におけるほどコンパクトなものもあります。

以下記事では、おすすめの置き場所を解説しています。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは ウォーターサーバーの置き場所として最適な場所がわからない 家が狭くてウォーターサーバーの置き場所がないときはどうしたらいいの? ウォーターサーバーは置けても、ストックの置き場所に困る[…]

床置きウォーターサーバー

ノルマがあるため、毎月の購入が大変

ウォーターサーバーの中には、サーバーのレンタル料金が無料の代わりに水の注文ノルマが定められているものも存在します。

水の飲む量と届く量が一致しない場合は、水を飲みきっていないのに、さらに水が送られてきてボトルの置き場に困り、ノルマ達成のために頑張って飲む事態にもなります。

ひとり暮らしや頻繁に出張や旅行へ行く方にとって、水の注文ノルマは厳しいものになるでしょう。ノルマを知らずに購入して後で後悔する方も多いので、情報をしっかりと確認した上でウォーターサーバーは選びましょう。

 

ただ、ウォーターサーバーメーカーや種類をよく見ると水の注文ノルマが一切ない場合もあります。

自分のペースで水を飲みたい方は、種類が限られますがノルマの無いウォーターサーバーがオススメです。

以下、人気メーカーについてノルマのありなしを調査しているので確認してみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 ウォーターサーバーのノルマってそもそも何? ノルマなしのウォーターサーバーがあるってホント? ノルマなしのウォーターサーバー会社を知りたいこのように考えているかもしれません。[…]

電卓とお金

ウォーターサーバーをやめたときのトラブル

ウォーターサーバーのトラブル

ウォーターサーバーは「水の味が気に入らない」「案外飲まない」など、生活や身体に合わない場合、解約が頭をよぎるでしょう。

ただしいざ、ウォーターサーバーを辞めようと思っても契約前に確認を怠るとメーカーとトラブルになる可能性があります

メーカーとトラブルにならないためにも、ウォーターサーバー解約のさいにトラブルとなった事例をみていきましょう。

ここでは、トラブルになりやすい解約時の理由を2つをお伝えします。

運営元と連絡が繋がらない

ウォーターサーバーを解約したくてもメーカーと連絡がつかないトラブルが時々あります。

※新しいメーカーさんに多いです。実績のあるメーカーさんはサポートがしっかりしているので大丈夫ですが、社員さんが少ないとこういったことも起きるようです。

電話で連絡をしてもいつも話し中、メールを送っても返信がないといったケースも。連絡がとれないまま翌月の料金の支払い日がきてしまい損をしてしまう場合があります。

ウォーターサーバーを契約する際は「必ず連絡がつく連絡先」を聞いておきましょう。

また、ウォーターサーバーの解約は、解約を申し込んだ当月か翌月になるのか、いつから月額料金が発生しなくなるのかもしっかり契約前に確認してください。

違約金が発生した

ウォーターサーバーは「一定の期間利用する」という約束をメーカーと合意した上で契約するケースがほとんどです

契約時に約束した期間より早く解約したい場合は、解約金が発生してしまうメーカーが多いです。

違約金はメーカーによって異なりますが相場は5,000円程度。

5,000円の違約金を安いと捉えるか高い捉えるかは契約者次第ですが、できれば違約金を発生させず解約したいですよね。ウォーターサーバー契約時にしっかりと「違約金が発生する契約期間」を確認しましょう

また、水が体に合わないなどといった理由は契約後すぐにわかります。ウォーターサーバーも30日間は、クーリングオフが適用されるため早めの解約検討も大切です。

ウォーターサーバーを契約する際は、口コミや水の成分をしっかりと見てから選べば、解約を考える可能性も低くなるでしょう。

また、トラブルについては以下で詳しくまとめておりますので確認してみてください。

ウォーターサーバーをやめたくならないために、本当に必要か事前に検討しよう

ウォーターサーバーを検討する

ウォーターサーバーをやめたくならないためには、今の生活にウォーターサーバーの必要性があるかじっくり考えてください。

ペットボトルのミネラルウォーターを仕事帰りや外出のついでに購入できる方は、ウォーターサーバーの必要性をあまり感じないと思います。

ウォーターサーバーには、解約金が発生する期間もあるため「カッコいい」「スタイリッシュ」などの見た目の良さ以外もしっかりと検討してからの購入がオススメです。

ここでは、ウォーターサーバーを購入すると後悔する方と便利になる方をご紹介しましょう。

水道水で満足するなら不要

ウォーターサーバーは新鮮なミネラルウォーターがボタンを押すだけで飲めます。

いつでも冷たい水を飲めると気持ちがいいですよね。ただ、水道の蛇口を捻るだけでも冷たい水は飲めてしまいます。

水道水でも満足する方はウォーターサーバーの必要性が高くないでしょう。

水道水とウォーターサーバーの違いについては以下でまとめています。

なお、水道水で満足する方にもオススメのウォーターサーバーがあります。

コーヒーマシンとウォーターサーバーが合体したものです。

「コーヒーマシン一体型ウォーターサーバー」と調べるとコーヒー愛好家にはたまらないウォーターサーバーがたくさんあります。

コーヒーが作れるウォーターサーバーについては以下にまとめてありますので確認してみてください。

赤ちゃんや子どもがいる家庭は便利

ウォーターサーバーは冷水と温水の両方を楽しめるものが多くあります。

温水の温度は80度から90度のものが多いため赤ちゃんのミルクや子どものココアなどもすぐに作れて便利です。

また、買い物へ行ったさいに毎回、重たいペットボトルの水を購入しなくて済みます

子どもを抱えながら2Lのペットボトルを運ぶなんて、やってられませんよね。重たいペットボトルを運んでいると不安定になり、転倒しやすくなるため赤ちゃんや子どもにも、危険が及ぶ可能性もあります

ウォーターサーバーが家にあるだけで、買い物や日々の飲み物、ミルクに対してストレスが軽減されるためとてもオススメです。

以下に、赤ちゃんのミルクに向いているウォーターサーバーをまとめておりますので確認してみてください。

関連記事

ミルク作りにウォーターサーバーは本当に便利? ミルク作りにあったサーバーの選び方を知りたい ミルク作りにおすすめのウォーターサーバーは?上記のような疑問をお持ちの方に向けて、この記事ではウォーターサーバーが赤ちゃ[…]

waterserver-for-babymilk

ウォーターサーバーをやめた理由は確認不足が多い

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、ペットボトルでミネラルウォーターを飲むよりも費用がかさみ、場所を取り、解約時に違約金が発生する可能性があります。

ですが、ウォーターサーバーのデメリットは全て契約前にわかること。

契約前に自分の生活スタイルと重ね合わせて「本当に必要か」を考えればやめる可能性も低くなるでしょう。

ウォーターサーバーをやめた最も多い理由は、「契約前の確認不足」なので、契約前にしっかりと契約後に心配な点をひとつずつ確認してください。