検索されてます!
  1. 安い
  2. おしゃれ
  3. 赤ちゃん
  4. コスパ
  5. 比較

SnowAlpsの評判はココでチェック!小型ボトルのデメリットも完全理解!

北アルプスのおいしい天然水を、リーズナブルな値段で飲めるうえに、ボトルの取り扱いもとてもカンタンと評判になっているが、SnowAlps(スノーアルプス)です。

これまでのウォーターサーバーにはない、軽量・小型ボトルを採用しているのが特長で、女性を中心に人気を集めています。

本記事では、SnowAlpsを実際に利用している方などの評判をまとめると同時に、注目すべき機能やコスパの良しあし、そして、サービス申し込み前に知っておくべきデメリットも紹介!

自分のライフスタイルに合うウォーターサーバーか否か、ハッキリわかりますよ。

 

高品質多機能!スノーアルプス【SNOWALPS】の詳細はこちら!

詳細を見る

 

 SnowAlpsの軽量ボトルが評判になっている理由とは?

スノーアルプスのボトル

出典:https://www.snowalps.co.jp/SHOP/SABT01.html

最近は、ウォーターサーバーを家庭でも利用する人が増えたこともあって、サーバーの機能はどんどん向上し、ミネラル豊富なおいしい天然水も、お手軽価格で飲めるようになりました。

また、サーバーの使い勝手を向上させるための、各社の工夫には目を見張るものがあります。

 

ウォーターサーバーは、いつでも冷水と温水が給水できる便利な家電である一方で、サーバーにボトルに入った水を補給しなくてはならないという“重労働”が伴うんですね。

このボトルは、水の重さと合わせると、12キロ以上あります。

男性ならまだしも、非力な女性がボトルを持ち上げるだけでなく、サーバーの接続部分に取り付けるという作業は、手首や腰を傷めやすく、ボトルを落下させて足をケガするリスクが高まるんです。

こうした苦痛や危険から解放してくれるサーバーとして、ネットを中心に評判が高まっているのが、北アルプスの天然水が楽しめるSnowAlps(スノーアルプス)です。

 

最大の特長は、ボトルに入った水の量を7.6リットルに減らしたことにより、重さが5キロ近く軽くなったこと。

これによって、女性でも安全に水の交換ができるようになり、本当の意味で“手軽においしい水を楽しめる“サーバーへ進化したんです。

では、SnowAlps(スノーアルプス)の魅力を、実際に利用している方やネットの評判をもとにして、もっと詳しく検証していきましょう。

 

ボトルの設置と処分がとにかくラク!

SnowAlps(スノーアルプス)のウォーターサーバーは、

  • 床置タイプのLongタイプ
  • 高さが51センチしかないShortタイプ
  • プラチナサーバー

の3種類あります。

 

LongタイプとShortタイプは、ボトルをサーバー上部に取り付ける仕様になっていますが、女性でも水の交換がカンタンにできると評判です。

プラチナサーバーは、サーバー下部にボトルを設置する仕様になっていて、水は上部にあるサーバーのタンクに吸い上げられます。

こちらのタイプは、ボトルを持ち上げる作業が発生しないため、水の交換がさらにラクになる点に注目です。

 

ウォーターサーバーの水がなくなったら、ボトルをサーバーのそばまで持ってきて、あとは座った状態で新しいボトルを取り付けるだけ。

足腰に負担がほとんどかからないので、シニアの方からも「とっても使いやすい」と高い評判を得ているんですよ!

 

また、使い終わった空のボトルは、つぶしてゴミ袋に捨てられます。かさばらない上に、環境にもいいですね!

再利用タイプのボトルのように、次回の水の配達まで保管する必要がないという利便性も、SnowAlps(スノーアルプス)の人気が高まっている要因の1つです。

 

 予備のボトルがジャマにならない

ウォーターサーバーのサービスは、水を月1回程度のペースで3~5本ぐらい注文するのが一般的です。

使用前のボトルは、高温・多湿な場所を避けて保管しなくてはならないのですが、ボトルが大きいと広いスペースが必要になります。

その点、SnowAlps(スノーアルプス)のボトルは、通常ボトルよりかなりサイズが小さいですから、保管場所に悩むということもありません。

 

ウォーターサーバーの申し込みを検討する時は、サーバーの置き場所だけでなく、ボトルの保管場所も考えないと、後の後悔につながりますので、この点は必ず覚えておいてくださいね。

 

高品質多機能!スノーアルプス【SNOWALPS】の詳細はこちら!

詳細を見る

 

 SnowAlpsは水のおいしさも大評判!

スノーアルプスの採水地

出典:https://snowalps.co.jp/blog/?p=81

コンパクトサイズのボトルを採用したSnowAlps(スノーアルプス)は、女性やシニアの方でも使いやすいウォーターサーバーだということがわかりましたが、水の味に関する評判も気になるところですね。

 

SnowAlps(スノーアルプス)が提供している天然水は、北アルプス(長野県信濃大町)の標高1,220メートル地点で採水しています。

天然水と聞くと、キレイな水でうまみがたっぷりのおいしい水と想像しますが、近くに工場があったり、民家が密集したりしていると、工業用水や生活水などによって汚染されるケースもあるんですね。

 

その点、SnowAlps(スノーアルプス)の採水エリアには建物がほとんどなく、衛生度の高さは群を抜いているんです。

天然ミネラルは、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムがバランス良く配合されています。

 

水のミネラル量をあらわす硬度は15で、おなかに刺激を与えることが少ない、赤ちゃんでも飲める“やさしい水”です。

さらに注目なのが、水に酸素(溶存酸素)が大量に溶け込んでいること。

 

これによって、水にまろやかさと甘みが生まれ、クセになってしまうと大評判なんです。

水がおいしいと感じられれば、こまめに水分補給する習慣が自然に身につき、健康や美容面にさまざまなプラス効果を発揮しますよ!

 

高品質多機能!スノーアルプス【SNOWALPS】の詳細はこちら!

詳細を見る

 

設置サービスも評判が高い!SnowAlpsならではのサービスとは?

スノーアルプスの配送

出典:https://www.snowalps.co.jp/hpgen/HPB/categories/24364.html

SnowAlps(スノーアルプス)には、ボトルの扱いやすさと合わせて、利用者から高い評価を得ているサービスが、もう1つあります。

 

それは、契約時に提供される、ウォーターサーバーの設置サービスです。

スタンダードサーバーのLongタイプは20キロ、プラチナサーバーは15キロの重量があります。

この重いサーバーの梱包を解いて、リビングやキッチンなどまで移動させるのは、水の入ったボトルの設置以上にしんどい作業です。

 

SnowAlps(スノーアルプス)の事務局では、このウォーターサーバーの設置作業を、専門業者が請け負うサービスを提供しています。

通常は6,000円かかる設置料が、なんと完全無料に!

期間限定のキャンペーンではなく、新規契約者に対するサービスとなっていますので、女性の方でも安心して申し込めますよ!

※上記の情報は、2020年6月23日時点のものです。時期によってはサービス内容が変更になる可能性があることをご了承ください。

 

高品質多機能!スノーアルプス【SNOWALPS】の詳細はこちら!

詳細を見る

 

 

SnowAlpsのコスパに関する評判は?

スノーアルプスのボトル

出典:https://snowalps.co.jp/blog/?p=81

機能性の高いサーバーや、扱いやすい水のボトル、ウォーターサーバーの設置サポートなど、魅力あふれるSnowAlps(スノーアルプス)。

ネットの口コミ評価もかなり高いですが、一方で、コスパがいいのかわからないという書き込みも見かけます。

 

このような評判は、SnowAlps(スノーアルプス)の料金システムが他社と異なり、少しわかりにくいということが要因となっていると考えられます。

一般的なウォーターサーバーは、サーバーレンタル代と水代が別々になっていて、水1リットル当たりの費用がわかる料金体系になっているんですね。

 

しかし、SnowAlps(スノーアルプス)の場合は、サーバーレンタル代+水のボトル3本が1セットになった金額が、月額料金として示されています。

  • SnowAlps(スノーアルプス)の料金体系
スタンダードサーバープラン プラチナサーバープラン
月額費用 3,200円 3,800円
水の量(3本文) 22.8リットル 22.8リットル
水1リットルあたりの費用 140.35円 166.66円

※料金は税別です

 

天然水の平均的な値段は、1リットルあたり150~160円ですから、SnowAlps(スノーアルプス)の両プランは、“コスパは標準的”と言えるでしょう。

SnowAlps(スノーアルプス)の水代は送料込みですし、他社でしたら発生する水の宅配休止料がかかりません。

水のボトルがたまってきたので、今月は注文を休止したいといった場合、1,000円程度かかるのが一般的ですから、この費用が不要という点を考えれば、かなり良心的なシステムと言えますね。

 

サービス申し込み前に知っておきたいSnowAlpsの気になる評判3つ

スノーアルプスのサーバー

出典:https://www.snowalps.co.jp/SHOP/SPT3800.html

最後に、こちらもネットの評判でよく見かける、SnowAlps(スノーアルプス)の気になる評判について解説しておきましょう。

SnowAlps(スノーアルプス)は、2020年6月からサービス内容を見直して、ユーザーが理解しやすいシステムに変更しています。

とくに、下記の3点は他社との比較でも重要なポイントになりますから、サービス内容をきちんと押さえておきましょう。

 

 1.水の配送料が高額である?

上記の料金体系表にも記載しましたが、SnowAlps(スノーアルプス)のサービス利用時にかかる費用は、サーバーのレンタル代と水の費用だけで、送料は一切かかりません。

したがって、「配送料が高額」という書き込みは間違いです。

毎月かかる費用は、料金表の金額と追加注文した水の代金だけになりますので、ご安心ください!

2.水の注文ノルマがある

SnowAlps(スノーアルプス)のサービスは、水の最低注文本数(注文ノルマ)が設定されていません。

この口コミも、間違いですね。

 

毎月3本の水が決まった日に届けられて、注文本数を追加したら、その分の費用が上乗せされて請求されるシステムになっています。

注意したいのは、サーバーレンタル代と水代がセットになっているため、水の注文数を0にしても、スタンダードサーバープランは3,200円、プラチナサーバープランは3,800円の費用がかかるということ。

「水の注文ノルマはないけれども、水を注文しない月でも月額料金は変わらない」

と覚えておきましょう。

水のボトルを1本も注文しなくても、利用料金は変わらないシステムになっていますので、自宅を留守にする期間が長くなる方は、慎重に料金をシミュレーションしてくださいね。

 

3.ボトルの水がすぐなくなってしまう

これは、コンパクトタイプのボトルの宿命ともいえるデメリットですね。

通常のサーバーのように、ボトルに12リットルも水が入っていれば、サーバーに貯められる冷水や温水も多くなります。

しかし、SnowAlps(スノーアルプス)はボトルを軽量化する代わりに、水の量を7.6リットルに減らしていますから、他のサーバーを使うケースと比べて、水の消費ペースが早くなるのです。

それでも、家族の人数が少なければ(一人暮らしや、夫婦二人など)、水の使用量はそれほど多くなりませんから、さほど心配する必要はありません。

4人家族で水の使用量が増えたとしても、ボトルの取り扱いがラクなので、

「ボトルの交換頻度が高くなることは、気にならない」

という利用者の声が多いですよ。

 

サーバーの使いやすさは評判以上!SnowAlpsなら満足度が高くなること間違いなし!

スノーアルプスのある暮らし

出典:https://www.snowalps.co.jp/#products

ユーザー目線で作られた使いやすいサーバーと、水のうまみがクセになると評判のSnowAlps(スノーアルプス)。

はじめてウォーターサーバーを利用する方はもちろんのこと、今使っているサーバーが使いにくいと感じている方も、きっと大満足できる“逸品”です。

おいしい水がいつでも使えるようになれば、水を飲むことが楽しくなるだけでなく、お茶や料理など利用範囲が広がって、生活がどんどん豊かになっていきますよ!

 

高品質多機能!スノーアルプス【SNOWALPS】の詳細はこちら!

詳細を見る