ウォーターサーバーで後悔することは?理由3選と対処法を解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • ウォーターサーバーを導入して他にも後悔している人はいるのか
  • ウォーターサーバーを導入する時に何に気を付ければよかったのか
  • ウォーターサーバーを導入する際に後悔しないポイントは何か

上記のように考えているのではないでしょうか?

この記事では、そんなあなたがウォーターサーバーを導入する際に後悔しないポイントをご説明しましょう。

結局、おすすめのウォーターサーバーはどれ?

当サイトの人気ランキングでは、
1位の『コスモウォーター』と、2位の『プレミアムウォーター』が3位以下を大きく引き離した2トップでした。

特に『コスモウォーター』は

  • 初期費用不要!毎月の水代だけ
  • 期間限定で最大11,000円相当の新規キャンペーン実施中
  • お家に馴染むインテリアとしてのデザイン性

などの理由で、今一番おすすめのサーバーとなっています。

コスモウォーター

>>コスモウォーターを
お得に申し込む<<<


また、ミネラルウォーター部門では『のむシリカ』が

  • @COSMEで第1位を獲得!今一番話題のミネラルウォーター
  • 美肌効果や健康維持に役立つミネラル成分が豊富

などの理由で今最も注目されているミネラルウォーターです

のむシリカ

>>のむシリカを
20%OFFでお得に申し込む<<<

ウォーターサーバーを導入して後悔した理由は?

悩んでいる女性

念願のウォーターサーバーを導入したけど、使い勝手が悪くて後悔した経験がある人もいるでしょう。

ウォーターサーバーを導入して後悔したケースは多くあるため、皆さんがどんな理由で後悔しているのかが分かります。

今後ウォーターサーバーを導入する予定があるのであれば、後悔した理由をチェックして二の舞にならないようにしましょう。

それでは、ウォーターサーバーを導入して後悔した理由をご紹介しましょう。

ボトルが重くて水を設置するのが大変

ウォーターサーバー自体も重いので運ぶのが大変ですが、一度設置したら動かすことはほぼないので引っ越しの時以外はそこまで問題にはなりません。

しかし、ボトル容器は交換の際には持ち上げる必要があるため大きな問題になります。

ボトル容器は基本的に7L~12Lほどの容量になるので、それを設置しなければ活用できないのが後悔する理由として挙げられます。

特に12Lのボトルは10キロの米よりも重いため、ボトルを設置する際は交換が億劫になることもあるでしょう。

設置場所が本体上部にある場合、重いボトルを上部まで持ち上げなければならないのもネックだと言えます。

設置スペースを設けなければならない

ウォーターサーバーは実際に考えているよりも意外に設置スペースを必要とする場合があります。

ウォーターサーバーの平均的な設置面積は幅30cm程度、奥行きが35cm程度ですが、忘れてはいけないのは高さの問題です。

ウォーターサーバーを設置する上で忘れやすいのが高さで、あらかじめ設置場所を決めておいても高さが足りなくて別の場所に設置しなければならなくなるケースがあります。

あらかじめウォーターサーバーを設置する場所を確保しなければならないため、設置スペースが確保できない事態や思ったよりもウォーターサーバーが大きくて設置するのが大変だという理由で後悔するケースがあるようです。

ウォーターサーバーの置き場所については以下にまとめているので確認してみてください。

ウォーターサーバーの置き場所はどこが最適?選び方や人気の場所を徹底解説

 

コストパフォーマンスが悪い

ウォーターサーバーは確かに便利ではありますが、コストパフォーマンスが悪いということで後悔したケースもあるようです。

ウォーターサーバーを維持するために必要なのが、水、電気代、レンタル代、メンテナンス、配送料の5項目です。

基本的に配送料やメンテナンスは一時的にかかるものなのでさほど気にならないかもしれませんが、水やレンタル代、電気代は無視できません。

ウォーターサーバーの機種によってかかる電気代が違いますし、水を活用すればするほど水を配送してもらわなければなりません。

レンタル代もメーカーによって違う以上、確かに便利ではあるがコストパフォーマンスが悪いことで後悔した人も多くいるようです。

コスパについては、以下に詳しくまとめているので確認してみてください。

ウォーターサーバーってコスパはいいの?ペットボトルや浄水器と徹底比較

 

ウォーターサーバーを導入して後悔しないためにできることは?

できること

ウォーターサーバーを導入して後悔しないためにできることは、以下です。

  • 事前にあらかじめ導入するウォーターサーバーのサイズを確認して設置場所を決めること
  • 設置場所を考慮するにあたってボトル容器を運びやすい場所に設置場所にすること
  • 長期的に使用するために省エネ機能が搭載されている機種を導入すること
  • メーカーを比較すること

です。

ウォーターサーバーの中には省エネ機能が搭載されているタイプがあるので、電気代を節約しつつ長期的に使用できます。

また、メーカーによっては独自のメンテナンス料金が設定されていたりするので、メーカーを比較してメンテナンス料金や配送料などを比べることが重要です。

ウォーターサーバーを導入して後悔しないように、無料期間があるものを試そう

無料期間を試す

ウォーターサーバーを導入して後悔しないためにも、一定期間だけウォーターサーバーを無料で貸し出してくれるサービスを利用するのがおすすめです。

無料で一定期間貸し出してくれるので、実際に導入してみてどんな使い心地なのか試すことができます。

その期間内で利便性を感じたらそのまま契約したり、不便に感じたら導入しなければいいだけなので後悔しなくて済みます。

ウォーターサーバーの導入で後悔する前に、事前にできることをチェック!

後悔する前にチェック

ウォーターサーバーを導入して後悔するケースは多くあるので、後悔しないようにするためにも無料期間中にウォーターサーバーを導入するのがおすすめです。

一定期間ではありますが、無料なので実際に使用してみた感じが試せます。

ウォーターサーバーは確かに便利ですが、不便さを感じたら使いにくいということなので無理に導入する必要性はありません。

いきなり導入するよりも、無料期間を利用して実際の使用感を試してみましょう。

なお、ウォーターサーバーの利用をやめてしまった具体的な理由についても以下でまとめているので確認してみてください。

ウォーターサーバーをやめた理由は?代表的な理由3つをご紹介