【比較して納得】ウォーターサーバーとペットボトルはどっちがおすすめ?

この記事を読んでいるあなたは、

  • ウォーターサーバーとペットボトルを比べると、どちらが得なのか?
  • ウォーターサーバーには、ペットボトルにはないメリットはあるのか?
  • ペットボトルを取り付けるタイプのサーバーは、便利なのか?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたにウォーターサーバーとペットボトルを比較すると同時に、最近注目を集めているウォーターサーバーのメリットとデメリットを解説します。

ウォーターサーバーとペットボトルの比較ポイント4つ

ウォーターサーバー

出典: https://www.crecla.jp/lineup/

 

自宅にウォーターサーバーがある暮らしは魅力的ですが、気になるのは水の値段ですよね。

ディスカウントスーパーなどの激安店に行けば、ペットボトルの水は2リットル80円程度で買えます。

これに対して、ウォーターサーバーの水は、安い「RO水」でも1リットル当たり90円前後。

 

ペットボトルと比べると2倍以上の値段ですから、月額になると大きな差が出ます。

しかし、水の費用以外にも比較すべきポイントがありますので、まずは下記に挙げる4つの項目を確認していきましょう。

 

かなり重宝する“お湯がすぐに出せる機能“

お茶やコーヒーが飲みたいと思っても、お湯を沸かすのが面倒に感じることもあります。

その点、ウォーターサーバーは、冷水とお湯の両方がワンタッチで出せますから、おいしいドリンクがいつでも楽しめるんです。

お湯の温度は90度くらいなので、カップラーメンもすぐに作れますよ。

 

意外と面倒な空いたペットボトルの処理

ペットボトルは、ウォーターサーバーと比べると水の量が少ないため、すぐに飲み終わって空の容器がどんどんたまっていきます。

また、ボトルからキャップとラベルをはがし、分別して捨てるのも大変です。

ウォーターサーバーの場合は、ボトルに7~12リットルの水が入っています。

水がなくなったら、ボトルを交換する必要がありますが、ペットボトルより手間がかからないのが魅力です。

ちなみに、業者が直接自宅まで水を届けてくれるタイプのサービスなら、空いた容器はそのまま保存しておいて、新しい水の宅配時に回収してもらえます。

 

手軽さはペットボトルに軍配

ボトルの処理は少し面倒ですが、ペットボトルは基本的に使い捨てです。

一方のウォーターサーバーは、定期的にサーバーを掃除しなくてはなりません。

とくに、水やお湯が出る部分は水滴がはねてしまい、放置しておくとカビが生えてくるなんてことも。

 

ウォーターサーバーは場所を取るのが最大のネック

一般的なウォーターサーバーは、高さが1メートル以上、横幅や奥行きは30~40センチぐらいあります。

また、水の保冷・保温のために電源が必要になるため、コンセントに届く場所に設置しなくてはなりません。

自宅のスペースに余裕がない方にとっては、悩ましい問題と言えるでしょう。

以上、4つのポイントを、自宅の環境やライフスタイルなどに合わせて考えれば、ウォーターサーバーの新しい価値に気付きますよ!

 

なお、ウォーターサーバーの置き場所については以下にまとめています。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは ウォーターサーバーの置き場所として最適な場所がわからない 家が狭くてウォーターサーバーの置き場所がないときはどうしたらいいの? ウォーターサーバーは置けても、ストックの置き場所に困る[…]

床置きウォーターサーバー

ペットボトルをセットするウォーターサーバーの特徴と注意点

ペットボトルサーバー

出典: https://www.nitinen.com/water.html#a09

 

「設置場所が必要になる」

というウォーターサーバーのデメリットを解消するために、メーカーも工夫を凝らした商品を開発しています。

なかでも注目なのが、サーバーにペットボトルを取り付けるタイプのウォーターサーバーです。

ただし、一般的なウォーターサーバーとは仕様や機能が異なりますので、こちらも事前にサーバーのメリットとデメリットを覚えておきましょう。

 

コンパクトだから置く場所を選ばない

市販のペットボトルを、そのままサーバーに装着できるうえに、通常のウォーターサーバーよりかなり小さいのが人気の秘密です。

テーブルの上やキッチンの調理スペースなど、狭い場所でも使えますから、床にサーバーを置くスペースがない家庭でも利用できます。

冷水だけでなく、お湯もすぐに出せるサーバーもありますので、利便性は非常に高いです。

 

小さいお子さんがいる家庭は安定性に注意

ペットボトルを取り付けて使うウォーターサーバーの中には、コンパクト設計であるがために、安定性はいまいちというタイプもあります。

ウォーターサーバーにぶつかって、熱湯があふれることも考えられるので、小さいお子さんがいるご家庭には、転倒防止仕様が施されたサーバーがおすすめです。

 

お手入れにかかる手間も要チェック!

家具や家電のように、一年中室内に置きっぱなしにするウォーターサーバーは、ペットボトルを取り付ける部分のこまめな掃除も必要になります。

また、本体内部を自動で洗浄するとか、水に雑菌が混入しないような仕様になっているといった、通常サイズのウォーターサーバーには標準で搭載されている機能の有無も、必ずチェックしましょう。

お手入れをしないままウォーターサーバーを使い続けていると、水の衛生度がどんどん低下してしまいますから。

 

ウォーターサーバーとペットボトル、選ぶならどっち?

リビングにあるウォーターサーバー

出典: https://www.suntoryws.com/server/setting/

ウォーターサーバーとペットボトルの比較ポイントが理解できたところで、シーン別に選択基準をまとめてみます。

実際に利用している方の意見も含めていますので、ウォーターサーバー選びの参考にしてみてください。

 

家族が多いならウォーターサーバーが断然おすすめ!

水の使用量が増えると、ペットボトルを処理する手間もかかりますので、家族の人数が多い場合は、標準タイプのウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーの水は、注文数が増えると費用が安くなるケースが多いですから、ペットボトルの水との価格差はさらに縮まります。

買い物時に、毎回重いボトルを持ってクタクタになっている主婦の方は、この苦痛からも解放されますよ!

 

家にいる時間が少ない方はペットボトルが便利かも?

ひとり暮らしをしていて、自宅にいる時間が短く、休日も外出しがち・・・。

このようなライフスタイルを送っている方は、自宅での水の消費量が少ないでしょうから、ペットボトルの水を利用するのが効率的ですね。

 

ただし、サーバーのレンタル代は無料で、電気代が1か月で数百円程度しかかからないウォーターサーバーも増えています。

このタイプのサービスを選べば、最低限の費用でおいしい水やお湯をいつでも利用できるので、”検討する価値アリ”です。

 

コスパで考えるならウォーターサーバーに決まり!

単に水の値段だけで比較してしまうと、ウォーターサーバーは高いと感じてしまいます。

でも、お湯がすぐに使える利便性や、おいしい水を料理にも使える汎用性などは、生活を豊かにしてくれます。

電気ポットを使うという方法もありますが、こちらは電気代がウォーターサーバーの倍近くかかることもあるんです。

このような特徴を総合的に考えたら、ウォーターサーバーのコスパはかなりいいと言えますね。

 

なお、コスパのいい安いウォーターサーバーについては以下を見てみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは 本当に一番安いウォーターサーバーを知りたい。 ウォーターサーバーの月額費用をまとめて知りたい。 費用を項目ごとにまとめて知りたい。上記のように考えているかもしれません。この[…]

総月額費用が安いウォーターサーバー

ウォーターサーバーの利便性を知ればペットボトルは不要になる

ウォーターサーバーのある暮らし

出典: https://www.suntoryws.com/fun/scene/scene04/

水の値段は安いに越したことはないですが、おいしい水やお湯がいつでも飲める、ボトルを処理する手間がかからないといった利便性は、生活を豊かにします。

また、手軽に水分補給できる環境ができることで、健康や美容面にもメリットが出てくるんです。

ペットボトルの水では実現できない快適ライフを送るために、あなたにピッタリのサーバーを見つけてくださいね!