ウォーターサーバーのサイズ比較!おうちに合うものを見つけよう

この記事を読んでいるあなたは、

  • ウォーターサーバーの導入を検討中で、サイズについて知りたい
  • 床置きタイプの特徴について知りたい
  • 卓上タイプの特徴について知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたにウォーターサーバーのサイズについて解説します。

ウォーターサーバーのサイズ比較

比較

まずは、ウォーターサーバーのサイズの比較について例を挙げてご説明します。

主に床置きタイプと卓上タイプに分かれる

ウォーターサーバーの種類は主に床置きタイプと卓上タイプに分けられます。例えば、人気の機種である「プレミアムウォーター」は、床置きタイプと卓上タイプの両方を提供しており、サイズはそれぞれ下記のようになっています。

  • 床置きタイプ「スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)」・・1,272mm(高さ)x270mm(幅)x337mm(奥行)
  • 卓上タイプ「スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)」・・820mm(高さ)x270mm(幅)x354mm(奥行)

高さ以外の幅と奥行きはほぼ同じですね。

床置きタイプはタンクが大きい

床置きタイプと卓上タイプでは、高さ以外はほぼ同じですが、床置きタイプはその高さを活かして、大きめのタンクを格納しています。これが床置きタイプと卓上タイプの機能面での大きな違いです。

冷水・温水をともに多めに入れておきたいのであれば、床置きタイプの方がいいです。

卓上タイプは置き場所の選択肢が広がる

床置きタイプと卓上タイプを比べて卓上タイプの方が優れている点は、当然のことながら置き場所の選択肢が広がることです。テーブルの端に置いても、家具の上においても自由です。

パーティーの際などは、普段とは違う場所に卓上タイプのウォーターサーバーを持って行って、皆で美味しいお水を飲むのもいいでしょう。

サイズが大きいウォーターサーバーが欲しいなら床置きタイプ

部屋

言わずもがなですが、より多くのお水を入れておきたいという人は、サイズが大きな床置きタイプのウォーターサーバーがおすすめです。

床置きタイプは温水・冷水タンクが大きい

特に温水を使いたい人は、床置きタイプの機種がいいでしょう。なぜなら、温水がなくなってしまうと、新しいお水を加熱するのに時間がかかるからです。

冷水だけの使用であれば、タンクを取り替えれば済むため、多少手間はかかるものそこまで気にならないかもしれません。

スリムなものも多いのでそこまで邪魔にならない

現在は、様々なタイプやデザインのウォーターサーバーがあり、スタイリッシュなため狭い場所でも置くことができる「フレシャス」や「プレミアムウォーター」等が人気です。デザインが美しいので、インテリアとして置いておいてもいいくらいです。

そのため、スペースが取りづらいと思っている人も、一度ウォーターサーバーが置けそうな場所のサイズを測ってみましょう。実際にサイズを測ってみることで、床置きタイプの機種でも置くことができるとわかるかもしれません。

ただ、ウォーターサーバーの後ろや左右に隙間がないと熱がこもってしまうため、ウォーターサーバーが放熱できるくらいのスペースは確保しましょう。

オフィスでよく見るのは床置きタイプ

やはり、オフィスで見るウォーターサーバーは床置きタイプのものが多いです。というのも、オフィスには比較的広いスペースがありますし、ウォーターサーバーを利用する人数も多いからです。

もちろん、少人数のオフィスなら、卓上タイプの機種を検討してみてもいいですね。

サイズがコンパクトなウォーターサーバーが欲しいなら卓上タイプ

棚

あまりスペースがとれない人には、卓上タイプのウォーターサーバーがおすすめです。

水の使用量が少ないなら卓上タイプで十分

そもそも、床置きタイプの機種がおすすめな人は、水を多く使用する人なので、あまり水を使わない人には、卓上タイプのウォーターサーバーで十分です。

せっかくのウォーターサーバーが無用の長物とならないように、適切なサイズのものを選びましょう。

手狭な家庭には卓上タイプ

ウォーターサーバーで美味しいお水を飲みたいという家庭でも、「ウォーターサーバーを置く場所がない」という理由で、導入を躊躇している人は多いのではないでしょうか?

そんな人は、卓上タイプのウォーターサーバーをまず使ってみてみるといいでしょう。卓上タイプは、テーブルの端や家具の上に置くことができるので、場所をあまりとりません。

まずは卓上タイプを試してみて、今後スペースを作ることができそうであれば、床置きタイプのウォーターサーバーに変えるのもいいですね。

水道直結タイプもあり

卓上タイプのウォーターサーバーには、「ウォータースタンド」等の水道直結タイプもあります。水道直結タイプの場合は、ミネラルウォーターではなく水道水を飲むことになりますが、きちんと浄水してくれるので、水道水をそのまま飲むわけではもちろんありません。

水道直結タイプは、ホースを伸ばすと水道から離れた場所で使うこともできるので便利です。「卓上タイプがいいけど水をたくさん飲みたい」という人は、水道直結タイプのウォーターサーバーを検討するのもいいでしょう。

ウォーターサーバーを導入するならサイズも重要

道具類

どのウォーターサーバーを導入するか迷っている人、そもそも場所がないためウォーターサーバーの導入を諦めている人は、サイズを調べ、設置を考えている場所のサイズを測ってみましょう。

思っていたよりスリムなウォーターサーバーや、小型のウォーターサーバーを見つけることができるかもしれません。