水ダイエットのやり方徹底解説!飲む量・飲むタイミング・水の種類まで丸わかり

この記事を読んでいるあなたは

  • 水ダイエットというのがあると知ったけど、具体的なやり方がわからない
  • 水を飲むだけで本当に痩せるの?
  • 私のやり方が正しいのか知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、水ダイエットの具体的なやり方についてお伝えしていきます。

体重別の摂取目安、飲み方、ダイエットにおすすめの水の種類まで詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

結局、おすすめのウォーターサーバーはどれ?

当サイトの人気ランキングでは、
1位の『コスモウォーター』と、2位の『プレミアムウォーター』が3位以下を大きく引き離した2トップでした。

特に『コスモウォーター』は

  • 初期費用不要!毎月の水代だけ
  • 期間限定で最大11,000円相当の新規キャンペーン実施中
  • お家に馴染むインテリアとしてのデザイン性

などの理由で、今一番おすすめのサーバーとなっています。

コスモウォーター

>>コスモウォーターを
お得に申し込む<<<


また、ミネラルウォーター部門では『のむシリカ』が

  • @COSMEで第1位を獲得!今一番話題のミネラルウォーター
  • 美肌効果や健康維持に役立つミネラル成分が豊富

などの理由で今最も注目されているミネラルウォーターです

のむシリカ

>>のむシリカを
20%OFFでお得に申し込む<<<

水ダイエットとは

水を飲む女性

水ダイエットとは、水分補給としての飲み物を「水」にするダイエットのことです。

決して、食事を水に置き換えるというような偏ったダイエット法ではないので、間違わないようにしてくださいね。
もちろん、摂取カロリーが多い人は、食事内容の見直しや運動メニューの考案も必要でしょう。ただ、水ダイエットのやり方では、食事内容には言及していません。

「それだけで効果があるの?」と思うかもしれませんが、水を飲むと下記のような効果が見込めます。

  • 汗や尿、便の排出を促し、老廃物を体外に出す
  • 基礎代謝が上がり、痩せやすい体質になる
  • 体内の水分量が適切になることで、むくみの解消につながる
  • 水分を摂らない場合に比べて、空腹感が少なくなる

水ダイエットは、コーヒーや紅茶を飲む習慣がある人にも、ぜひ試してもらいたいダイエット法です。なぜなら、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物には利尿作用があり、知らずしらずのうちに脱水状態になっていることがあるためです。

水分不足の身体は、血液やリンパの流れが悪くなって老廃物が溜まりやすくなりますし、少しでも体内に水分を保持しようとむくみの原因につながります。

カロリーだけではなく、体内に吸収されたときの「効果」にまで注目することが、ダイエット成功の近道ですよ。

水ダイエットで摂るべき水分量

ペットボトルとコップにそれぞれ水が入っている

ここからは具体的に、水ダイエットのやり方について解説していきます。
まずは、水ダイエットをするにあたって摂るべき「水の量」からお伝えします

目安は1.5~2L

1日に必要な水分量は、年齢と体重で変化します。成人の場合、体重1kgあたり40~50mlの水分が必要です。

体重1日に必要な水分量(総量)
60kg2,400~3,000ml
70kg2,800~3,500ml
80kg3,200~4,000ml

食べ物から摂取する水分が1,000ml程度、代謝水と呼ばれる体内で生成される水分が300ml程度ありますので、飲み水として摂取するべき量は「体重×40-1,300」または「体重×50-1,300」です。

上記を踏まえた上での、「1日で摂取するべき水の量」は以下のとおりです。

体重1日で摂取するべき水の量(飲料水)
60kg1,100~1,700ml
70kg1,500~2,200ml
80kg1,900~2,700ml

「計算が面倒」「計算式が覚えられない」という人は、「1日に1.5~2L程度の水を飲む」と覚えておくと良いでしょう。

摂り過ぎや一気飲みに注意

ダイエット中かどうかに限らず、水を「大量摂取」「一気飲み」をすることはやめましょう。

まず、水の大量摂取は血中のナトリウム濃度を下げ、低ナトリウム血症を招きます。
低ナトリウム血症になると、めまいや頭痛、意識障害などが起き、最悪の場合は死に至ることも。日常生活で起こることは考えにくいですが、痩せるため・美容のためと言って必要量以上に水を摂ることは控えたほうが良いでしょう。

また、1.5~2Lという適正量の範囲であっても、一気飲みはしないでください。
腎臓で処理できる水の量は決まっており、一度に大量の水を摂ってしまうと、腎臓への負担が大きくなってしまいます
血中ナトリウム濃度を下げるだけでなく、むくみの原因にもつながりますので、注意しましょう。
適量を、複数回に分けて摂ることが大切です。

水ダイエットで水を飲むタイミング

時計

つづいて、水を飲むタイミングについてお伝えします。

起床後すぐ

人は、寝ている間にコップ1杯程度の汗をかくと言われています。
つまり、起床後すぐは「水分不足」の状態。目覚めにコップ1杯の水を飲んで、失われた水分を補給しましょう。

また、体内に水分を行き渡らせることで、身体を活動モードに切り替えることができます。
冷水や炭酸水であれば、爽快感も手伝って頭もシャッキリと目覚めますよ。朝に弱い人にも、起床後1杯の水を飲む習慣はおすすめです。

日中は複数回に分けてこまめに

水分量の説明でもお伝えしたとおり、水の一気飲みはいただけません。

日中は、1~2時間にコップ1杯を目安に、複数回に分けて水分補給をしましょう。
集中力の持続時間も1時間、長くて2時間程度と言われているので、休憩がてら水分補給をするようにすると良いですよ。

のどが渇いたときには既に脱水症状が始まっているので、あらかじめ「水飲みタイム」を組み込むのがおすすめです。

夜寝る前

夜寝る前にも、コップ1杯の水を飲むようにしましょう。
寝ている間の水分不足を防ぐほか、血流を良くして代謝や睡眠の質を上げる効果も見込めます。

この3つの効果は、それぞれダイエットと深い関わりがあります。

  • 水分不足を防ぐ → むくみを予防する
  • 血流を良くする → 代謝が上がる
  • 睡眠の質を上げる → 十分な睡眠は約300kcalのエネルギー消費につながる

寝る前には、身体を冷やさないよう、常温か温水を飲むのがおすすめです。

水ダイエットにおすすめの水

スポーツウェアの女性

最後に、ダイエットをおこなう上でおすすめの水を3種類、紹介させていただきます。

硬水

ひとつめは、硬水です。

硬水とは、硬度120mg/L以上の水を指します。日本の水道水はほとんどが軟水ですので、市販のミネラルウォーターを購入しましょう。
硬水はミネラル含有量が多いのが特徴で、中でもマグネシウムとカリウムがダイエットに効果的です。

まず、マグネシウムは腸を刺激し、便を柔らかくする特性を持っています。便秘によるポッコリお腹に悩まされる人におすすめですね。

つづいて、カリウムは塩分の排出を促し、むくみ解消に役立ちます。しょっぱい食事が好きな人、水太りが気になる人は、カリウム含有量に注目してみると良いでしょう。

炭酸水

ふたつめは、炭酸水です。

炭酸水には、腸のぜん動運動を助ける効果があります。
炭酸水のシュワシュワとした刺激が、腸に作用するのですね。硬水が便を柔らかくして便通を促すものだったのに対して、炭酸水は便を送る機能を高めます。
炭酸水は「出そうで出ない便秘」に悩まされている人におすすめだと言えるでしょう。

また、炭酸水に含まれる二酸化炭素を体内に取り込むことによって、代謝を高める効果も得られます。
血中の二酸化炭素濃度が上がると、足りなくなった酸素を取り入れるために血流が良くなります。結果、運動中と同じような体内状態が作り上げられて、カロリー消費が見込めるのです。
ガスの気泡によって満腹感も得られるので、食事前や間食を控えたいときに飲むのもおすすめです。

ただし、くれぐれもダイエット中に炭酸水を飲むときは、無糖のものを選びましょう。

水素水

みっつめは、水素水です。

水素水は、美容や健康に良い水として近年注目を浴びているもののひとつです。
「基礎代謝アップ」「脂肪燃焼」「老廃物の排出」といった、ダイエットには欠かせない効果が得られます。水よりも分子が小さいため、より隅々まで水分を届けられるというのが水素水の特徴です。

運動前に水素水を飲むことによって、運動中のエネルギー代謝を活発にし、脂肪燃焼効果を高めてくれるでしょう。

水ダイエットのやり方は「ほかの飲み物の代わりに水を飲む」だけ

水を飲むキャリアウーマン

水ダイエットのやり方は、「水分補給として水を飲むようにする」だけです。

より効果を高めるためには、運動や食事制限を取り入れたほうが良いですが、単体でおこなっても効果が期待できるダイエット法です。
なぜなら、適正量の水を摂ることで、代謝アップやむくみ防止といったダイエットに効果的な作用が得られるから。

気軽にできてストレスも少ないので、「ダイエットが続かない」「ストレスをかけずに痩せたい」という人は、ぜひ一度試してみてくださいね。