検索されてます!
  1. 安い
  2. おしゃれ
  3. 赤ちゃん
  4. コスパ
  5. 比較

ステリパワーはコロナに効果ある?ない?最新情報をもとに解説

この記事を読んでいるあなたは

  • ステリパワーはコロナに効果があるの?
  • 次亜塩素酸水はコロナに効果なしって聞いたんだけど…
  • 人に害はないの?

上記のように考えているかもしれません。

ステリパワーは、次亜塩素酸ナトリウムを原材料にして製造されている「弱酸性次亜塩素酸水」です。
次亜塩素酸水については、効果が「ある」「ない」の2通りの情報が広まっていて、どの情報を信じたら良いか困ってしまう状況ですね。
結論から言うと、2020年7月現在「一定濃度の次亜塩素酸水はコロナに有効」とされています。

この記事では、厚生労働省や経済産業省の発表をもとに、ステリパワーおよび次亜塩素酸水の効果についてまとめていきます。

肌荒れしない!ステリパワーの詳細はこちら!

ステリパワーの詳細を見る
最安でなんと8,000円から!導入事例多数!

「ステリパワーが効果なし」という情報はなぜ広まった?

はてなマーク

まずは、新型コロナウイルスに有効であるにも関わらず、なぜ「効果がない」という情報が出回っているのかについて、解説していきます。

一部を切り取った報道

ひとつめの原因は、「発言の一部を切り取った報道が視聴者に誤解を与えた」ことです。

新型コロナウイルスが広がりを見せている中、製品評価技術基盤機構NITEでは、次亜塩素酸水の効果を調べている途中でした。
そのため、NITEの中間発表では「効果についての検証試験は継続中であり、まだ結論は出ていない」と発表しています。

その発言を、一部のメディアが「次亜塩素酸水の有効性は確認できず」と発信しました。報道自体も嘘ではないのですが、「有効性が確認できない=効果がない」と誤解を与えたまま広まってしまったのですね。

しかし、中間地点で結論が出なかった有効性に関して、6月末のNITEによる最終発表では、「有効性が認められる」に変わっています。
NITEの発表を受け、厚生労働省と経済産業省も、コロナウイルスに有効な消毒手段として次亜塩素酸水を挙げています。

つまり、効果があるかないか明確に発言できなかった結果、「効果がない」という情報が広まってしまったということです。
後になって「有効」という情報が出たにもかかわらず、先行して広まった「効果なし」の情報を払拭できずにいます。

次亜塩素酸ナトリウム液と混同されがち

ふたつめの原因は、「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム液」を混同して、危険だと言っている人が多いことです。

どちらも、殺菌・消毒に使用できる水溶液ですが、性質は全く異なります。
次亜塩素酸水は酸性の液体、次亜塩素酸ナトリウム液はアルカリ性の液体です。

次亜塩素酸水の特徴

  • 酸性
  • 主成分は「次亜塩素酸」
  • 手荒れの心配が少ない
  • 塩素臭が少ない
  • 空間噴霧OK

次亜塩素酸ナトリウム液の特徴

  • アルカリ性
  • 主成分は「次亜塩素酸イオン」
  • ハイターなどの塩素系漂白剤が代表的
  • 手荒れを起こしやすい
  • 塩素臭が強い
  • 毒性が強いため、空間噴霧は非常に危険

安全性の確認できていない商品を使ってしまうことを危惧

みっつめの原因は、「厚生労働省が安全性の確認できない次亜塩素酸水について注意喚起していること」です。

あくまで、「一部の次亜塩素酸水(と謳っている別の商品)は危険」という呼びかけなのですが、「すべての次亜塩素酸水が危険」という誤解を与えてしまっています。

次亜塩素酸ナトリウムを原料に、酸を加えたり、イオン交換等をすることで酸性に調整したものも「次亜塩素酸水」として販売されています。これには規格や基準が無く、成分がはっきりしないものもあります。

引用:新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

消費者が、商品を適切に選択するためには、使用方法、使用期限、有効成分(有効塩 素濃度)、pH などに関する情報が有益となります。ただ、これら消費者の安全等に有益な情報に 関する表示が、容器包装上やウェブサイト上に記載されていないものが散見されます。

引用:「次亜塩素酸水」の使い方・販売方法等について(経済産業省、消費者庁、厚生労働省)

ステリパワーは、次亜塩素酸ナトリウムに酸を加えて作った次亜塩素酸水ですが、必要な情報をすべて公開しています。
以下の情報に加え、製造方法、使用期限、使用上の注意まで提示されているため、厚生労働省の指す「成分がはっきりしないもの」には該当しません。

塩素濃度 30~200ppm
pH値 5.0~6.9
主成分 次亜塩素酸ナトリウム、希塩酸

ステリパワーのコロナへの効果

ステリパワー

出典:https://tnd.co.jp/lp/stp/

つづいて、ステリパワーのコロナへの効果について、お伝えします。

数値上「ステリパワーはコロナに効果的」

次亜塩素酸水の塩素濃度に関して、経済産業省は、拭き掃除なら80ppm以上、かけ流しなら35ppm以上で、新型コロナウイルスに有効だと発表しています。(新型コロナウイルスに有効な消毒・除菌方法

ステリパワーは、50ppm・100ppm・200ppm・3000ppmで販売されており、用途に合わせて希釈して使用可能です。
100ppm以上のステリパワーを購入すれば、十分コロナに効果があると言えるでしょう。

肌荒れしない!ステリパワーの詳細はこちら!

ステリパワーの詳細を見る
最安でなんと8,000円から!導入事例多数!

バス会社や飲食店でも利用されている

実際に、ステリパワーはさまざまな施設で活用されています。
新型ウイルスが流行してから、外出先で見かけた人も多いのではないでしょうか?
Twitterで「ステリパワー」と検索すると、手指の消毒に使う用途で置いてある施設、除菌剤としてステリパワーを使用していると公言している施設などが、複数ヒットします。

こう書くと、まるで新型コロナウイルスが流行ってから出てきた商品のように感じますが、ステリパワーは10年以上前からある除菌剤です。
ノロウイルスやインフルエンザウイルスに対しても有効性が確認できているため、以前から観光バスの除菌などに使われていました。

肌荒れしない!ステリパワーの詳細はこちら!

ステリパワーの詳細を見る
最安でなんと8,000円から!導入事例多数!

ステリパワーはコロナに効果あり!一定濃度での使用で感染力減

抗菌

  • 厚生労働省の発表した、コロナウイルスに有効な塩素濃度を満たす
  • 新型コロナウイルスが蔓延している中、複数の施設で使用されている
  • 以前から販売されており、成分等、消費者に提示すべき情報を公開している

上記のことから、弱酸性次亜塩素酸水ステリパワーは、新型コロナウイルスに有効だと考えられます。

ただし、重要なのは塩素濃度です。
経済産業省は、新型コロナウイルスには、塩素濃度85ppm以上、よごれが酷い場合には200ppm以上での拭き取り除菌を推奨しています。

次亜塩素酸水には、時間経過や紫外線によって塩素濃度が低下するという特徴がありますから、購入時の塩素濃度を盲信するのは危険です。
使用期限や保管方法を守ることはもちろん、塩素濃度試験紙で濃度を確認してから使うと、より安心でしょう。

肌荒れしない!ステリパワーの詳細はこちら!

ステリパワーの詳細を見る
最安でなんと8,000円から!導入事例多数!