検索されてます!
  1. 安い
  2. おしゃれ
  3. 赤ちゃん
  4. コスパ
  5. 比較

ソーダストリームの評判は?良い口コミから悪い口コミまで徹底解説

この記事を読んでいるあなたは

  • ソーダストリームって実際の評判はどうなの?
  • コスパや使い勝手は公式の説明どおりなの?
  • メリットだけじゃなくデメリットも知ってから購入を決めたい

上記のように考えているかもしれません。
この記事では、ソーダストリームを実際に使った人の声を紹介します。
使い方や勘違いのせいで「悪い!」という口コミも見つけましたので、使い方のポイントや注意点も解説しますね。ソーダストリームの購入を悩んでいる人はぜひ、参考にしてください。

ソーダストリームとは

ソーダストリーム

出典:https://www.sodastream.jp/

日本国内3000店舗以上で取り扱いのある有名炭酸メーカー

ソーダストリームは、日本国内の電気屋やホームセンターなどで幅広く取り扱いされている炭酸メーカーです。
これだけ全国に展開していると、本体の購入や炭酸ガスの交換に困らないのがメリット。
「オンラインショップだと送料が気になる」という人にもおすすめです。

そして、これだけ大きく展開していると、簡単には流通がなくなることはないと考えられます。
炭酸メーカーはどの会社も自社専用のガスシリンダーを提供しており、ガスシリンダーの提供が止まってしまえば本体だけ持っていても無意味になってしまいます。そういった点でも、有名メーカーなら安心です。
ソーダストリームは、世界45カ国70,000店以上、日本国内3000店舗以上に展開している実績があります。

500mlの炭酸水が18円で作れるコスパの良さが魅力

ソーダストリームの交換用ガスシリンダーは、60L2,000円(税抜)です。
普通の炭酸水なら500mlあたり約18円で作れる計算になるため、毎回500mlペットボトルの炭酸水を買うよりもお得(※)。

1.5Lなどの大きいペットボトルを買えば安く済むという声もありますが、一度に飲みきらないのであれば炭酸はどんどん抜けてしまいますよね。
「飲む量に合わせて少量ずつ作れる」「炭酸が抜けてしまったら再注入できる」「炭酸を入れる量によって微炭酸から強炭酸まで使い分けられる」というメリットがたくさんある上に「安い!」のが、ソーダストリームの魅力です。

※強炭酸を作る場合は、必要な炭酸の量が多くなるので500ml18円より高くなる計算です。

選べる機種が多い

ソーダストリームでは、「SourcePower(ソースパワー)」「Spirit(スピリット)」「Source v3(ソースv3)」「SpiritOneTouch(スピリットワンタッチ)」「MiniDeluxe(ミニデラックス)」「GenesisDeluxe v2(ジェネシスデラックスv2)」という6種類の本体を取り扱っています。

見た目だけでなく機能面も大きく異なり、全自動で炭酸を作ってくれるものや炭酸の注入量がひと目でわかる仕組みになっているものなど、使用者の好みによって選ぶことができます。
ここまで多くの機種から本体を選べるメーカーは珍しく、ソーダストリームの大きな魅力と言えるでしょう。

専用シロップで手作りコーラも楽しめる

ソーダストリームでは、水以外に炭酸を注入できる機種は扱っていません。しかし、炭酸水を作ったあとに加えてオリジナルの炭酸飲料を作れるよう、さまざまな味の専用シロップを売っているのが特徴です。
コーラやジンジャーエールが作れるシロップもあるので、もう炭酸飲料を買う必要はありません。

ソーダストリームの評判

評価

ソーダストリームを実際に使った人の声を集めましたので、良い評判と悪い評判に分けて紹介します。

良い評判

  • コスパがいい
  • 市販の炭酸水より美味しい
  • 炭酸が抜けても再注入できるのがいい
  • ペットボトルゴミが少なくなる
  • 重たい思いをして炭酸水を買って帰らなくていい
  • 電源がいらないからどこにでも置ける
  • 微炭酸から強炭酸まで使い分けられるのがいい

「買ってよかった」という評判には、上記のようなものが見られました。
中でも多かったのが、「炭酸を再注入できるのが良い」と「ペットボトルゴミが少なくなる」といったもの。今までペットボトルの炭酸水を買っていた人にとっては一番変化を感じる部分でしょう。

水の種類にこだわることもできるので、ウォーターサーバーの水や市販のミネラルウォーターを元にすることで「市販の炭酸水より美味しい」という声もありました。

悪い評判

  • 水以外に炭酸が入れられない
  • 炭酸が弱い
  • ガスシリンダーがすぐなくなってコスパが悪い
  • 取り扱い店舗が遠い
  • 専用シロップが美味しくない
  • 市販の格安炭酸水のが安い
  • 意外に高さがあって場所を取る
  • ボトルの取り付けが面倒
  • 市販品より炭酸が抜けるのが早い

悪い評判として見つかったのは上記のようなもので、良い評判と相反する意見も多いのが印象的です。
炭酸の注入は一定量で止まるわけではないので、いくらでも注入できてしまい、結果ガスシリンダーがすぐになくなってしまう=コスパが悪いとなっている可能性は高そうです。
使い方にはコツが必要ですので、次項で詳しく解説していきます。

「水以外に炭酸が入れられない」「高さがあって場所をとる」は、事前確認でわかることですので、今から購入予定の方はよく確認しておきましょう。
「ボトルの取り付けが面倒」な人は、ジェネシスデラックスv2以外の機種の購入をおすすめします。
ジェネシスデラックスv2以外の5機種はスナップロック式になっているので、ボトルの取り付けが簡単です。

ソーダストリームはこんな人におすすめ

  • 水にだけ炭酸を入れられればOK
  • 取扱いショップが近いまたはオンラインショップの利用に抵抗がない
  • 炭酸水を毎回買うのが面倒だと感じている
  • ペットボトルゴミを減らしたい
  • 炭酸が抜けてしまったからと言って市販の炭酸水を捨ててしまうことがある
  • 家族内に微炭酸好きと強炭酸好きが混在している

ソーダストリームの悪い評判は使い方が原因?

悩む女性

ソーダストリームの悪い評判を調べたところ、使い方の問題と思われる点が複数見受けられました。
ここでは、ソーダストリームの使い方について解説していきます。

ウイスキーに直接炭酸注入したら溢れて大変だった

ソーダストリームにはさまざまな機種が用意されていますが、そのどれもが「水のみ対応機種」となっています。
ネットの体験談を見ると「水以外に炭酸を入れてみた」という情報も出てきますが、公式では推奨していない使い方ですのでやらないようにしましょう。

水以外に炭酸注入できるのは、ツイスパソーダやドリンクメイトといったほかの炭酸メーカーです。
お酒やジュースに直接炭酸を入れたいという人は、そちらを検討してみてください。

炭酸が弱くて美味しくない

炭酸が弱くなってしまう原因はいくつか考えられますが、正しく注入できれば市販品並みの炭酸の強さになります。コツを掴むまでは難しいかもしれませんが、以下のポイントを意識して練習してみてください。

  • ブッという音がなるまで注入する
  • 炭酸を注入したあとはボトルを静かに揺らして炭酸ガスをなじませる
  • 炭酸が水に馴染むまで蓋を開けない
  • ガスシリンダーがしっかりはまっているかどうか確認
  • 冷水のほうが炭酸が溶けやすいので、水は冷蔵庫で冷やしておく

強炭酸で作ると2週間でガスがなくなる

市販の強炭酸レベルを求めて炭酸ガスを注入すると、60Lガスシリンダーで60L分の炭酸水は作れません。
ただ、それでも大体30~40Lの強炭酸水は作れます。
1日の飲む量にもよりますが、2週間でなくなる場合、炭酸の入れ過ぎとガスシリンダーの装着ミスを疑ってみましょう。

炭酸を多く入れているにも関わらず弱いと感じるのであれば、水になじまずに空気中に逃げていってしまっている可能性が高いです。
作り方をもう一度見直してみるのがおすすめです。

ガスシリンダーがきちんとはまっていないと、使っていない間にもどんどん炭酸ガスが抜けていってしまいますので、装着に緩みがないかどうか、使っていないときにガスが抜ける音がしていないか確認してください。

店舗が遠くガスシリンダーを交換しに行くのが面倒

店舗が遠い場合、オンラインショップを活用してガスシリンダーの交換をおこなうほかありません。
とはいえ、ソーダストリームでは5,000円以上から送料無料となっているので、「ガスシリンダーを3本も買わなくてはいけないのか…」と考えている人も多いのではないでしょうか。
そんな人には、お得便の申し込みをおすすめします。

お得便とは、60Lのガスシリンダー2本の発送を3回(計6本)頼めるまとめ買い商品です。
初回購入時に12,000円(+税)が必要ですが、その後手元にあるガスシリンダー2本が空になったタイミングで新しいガスシリンダー2本の発送を3回目まで無料で頼めます。
ガスシリンダー1本あたり2,000円(+税)と割引になっているわけではありませんが、2本ずつの発送にもかかわらず送料がかかりません。
毎回送料を払って2本の注文をする場合に比べて、2,490円分お得に買い物ができる計算です。

ソーダストリームは買ってよかったという評判が圧倒的に多い!

Good

ソーダストリームの良い評判、悪い評判を紹介してきましたが、今回調べてみた体感として、良いという声が非常に多い炭酸メーカーでした。
炭酸水をよく飲む人であれば炭酸メーカーの導入は結果的に安く済みますし、ストックやペットボトルゴミを置いておく場所的なコスト、買いに行く手間の削減にもつながるでしょう。

炭酸水ダイエットをしたい奥さんにも、毎晩の晩酌にハイボールを飲む習慣がある旦那さんにもおすすめの炭酸メーカーです。