検索されてます!
  1. 安い
  2. おしゃれ
  3. 赤ちゃん
  4. コスパ
  5. 比較

ウォーターサーバーの小さいサイズは便利?知っておくべき特徴とは?

この記事を読んでいるあなたは、

  • 小さいサイズのウォーターサーバーは、便利なのか?
  • 大きいサイズのウォーターサーバーとの違いは?
  • どんな家庭に、小さいサイズのウォーターサーバーが合うのか?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたにサイズによるウォーターサーバーの違いや、選び方のポイントをお伝えしていきます。

おすすめのウォーターサーバー
コスモウォーター
コスモウォーター画像
総月額費用 デザイン 使いやすさ
4,504 Sランク Sランク
  • 累計販売台数100万台突破!
  • グッドデザイン賞受賞!
  • 女性でもボトル交換が楽ちん!
  • 省エネ機能で電気代をお安く

まずは知っておきたい小さいウォーターサーバーの特徴

サーバーのサイズ

出典:https://www.frecious.jp/feature/siphondesign/

 

自宅にウォーターサーバーを置きたいけど、設置スペースがない

こんなお悩みを抱える方が急増していることもあって、各メーカーでは小さいサイズのウォーターサーバーも提供しています。

一般的な床置きタイプのサーバーは、高さは1メートル以上あるうえに、床面の設置スペースも縦横50センチ程度必要です。

 

これだけ大きいと、ワンルームマンションなど狭い部屋に住んでいる方でしたら、置き場所に困りますよね?

しかし、コンパクトなサイズのサーバーであれば、スペースが狭くても憧れのウォーターサーバー生活が始められるんです。

まずは、小さいウォーターサーバーには、どのような特徴があるのか確認していきましょう。

 

狭い場所でも置けるのがとても便利

小さいウォーターサーバーの魅力は、何と言っても設置場所の選択肢がたくさんあることです。

高さは床置きタイプより40~50センチほど低くなりますので、テーブルやサイドボードの上、キッチンの空きスペースなど、さまざまな場所に置けます。

 

スリムなデザインが人気のフレシャスでは、なんと高さが47センチしかないサーバー(フレシャスデュオミニ)も提供しているんですよ。

 

経済産業大臣賞受賞!デザインが魅力のフレシャスの詳細はこちら!

詳細を見る

 

これだけ小さいサイズであれば、ベッドサイドに置いて就寝前や起床時に水分補給する、なんて使い方もできますね。

 

水の交換が女性でも手軽にできる

コンパクトサイズのウォーターサーバーの中には、ウォーターボトルも小型になっているタイプもあります。

一般的なボトルには、12リットルの水が入っていますので、非力な女性でしたらボトルの交換がかなり大変ですよね。

 

その点、アクアクララのスリムタイプでしたら7リットル、フレシャスデュオミニにいたっては、4.7リットル(フレシャスは強化ビニール)とかなり軽量になっているので、扱いがとにかく楽なのです

 

多機能で細かい要望に応える!アクアクララの詳細はこちら!

詳細を見る

 

使ったらわかる小さいサイズのウォーターサーバーのデメリット

ミニボトル

出典:https://premium-water.net/water/7l/

 

省スペースで軽量、置き場所にも困らないなど、とっても便利な小さいサイズのウォーターサーバーですが、デメリットもあります。

 

実際に使ってみて不便と感じて、通常サイズのサーバーと交換したいと思っても、1万円ぐらいの費用がかかるメーカーがほとんどですから、下記に挙げるポイントをしっかりチェックしてみてください。

 

利用頻度が高いと通常のサーバーより手間がかかる?

水が入ったウォーターボトルが軽いのは、大きなメリットですが、水の容量が少ないことはデメリットにもなります。

7リットルのボトルの場合、水の容量は通常の60%ぐらいですから、ボトルの交換頻度が高くなるんですね。

 

ひとり暮らしの方でしたら、それほど気にする必要はありませんが、家族の人数が多いと、数日に1度のペースでボトルが空になることも考えられます。

 

重量があるので設置場所に注意

サイズはコンパクトでも、小さいウォーターサーバーは、重量が15キロ前後あります。

サーバー内にあるタンクには熱湯も入っていますから、万一、倒れてしまったら大事故につながることも・・・。

そのため、サイズが小さいサーバーでも、安定性が高い場所に設置する必要があるんです。

 

また、申し込み前にメーカーの公式サイトで、転倒防止装置の有無を必ず確認してください。

とくに、小さいお子さんがいるご家庭でしたら、家の中で遊んでいる時にサーバーと接触して、倒してしまうという危険性が高まります。

 

1か月に使う水の量をあらかじめ試算しないと損する?

小さいボトルは容量が少ないにもかかわらず、1リットル当たりの水の料金が、高くなる場合があります。

※アクアクララで1か月にほぼ同じ量の水(35リットル)を注文した場合

 

  • 通常の12リットルボトル・・・1,200円×3本=3,600円
  • 7リットルボトル・・・900円×5本=4,500円

 

ご覧のように、水の使用量が多ければ多いほど、1か月の水代がかさんでしまいます。

もし、水代が気になるようでしたら、水道の蛇口に取り付けて使う、浄水器も併用することを検討してみましょう。

 

小さいサイズのウォーターサーバーの選択基準3つ

水の給水

出典:https://www.crecla.jp/about/

 

小さいウォーターサーバーは、使い勝手がバツグンにいいのですが、コスパは普通サイズよりも劣ることがわかりました

では、ここまで説明してきたメリットとデメリットもふまえて、ウォーターサーバーのサイズ選びの基準を押さえていきましょう。

 

ウォーターサーバーの利用回数が多いか少ない

自宅にいる時間が長く、家族の人数も多い場合は、サーバーの利用頻度が高くなります

設置場所が確保できそうでしたら、通常サイズのウォーターサーバーを選ぶのがオススメです。

 

どれぐらいの水を使うか見当がつかないという方は、ウォーターサーバーのメーカーに問い合わせをして、どれくらい水の費用が掛かるかシミュレーションしてもらうといいですよ。

 

安全な設置場所が確保できるか

小さいサイズのウォーターサーバーを、安全な場所に設置できない場合は、家具や家電の位置を変えるなどして、安定性の高い通常サイズのウォーターサーバーを設置する場所を確保してください。

それでもスペースがないという場合は、市販のペットボトルを取り付けるタイプの、超コンパクトなサーバーを選ぶという手も。

 

小さいウォーターサーバーより小型なので、設置場所の選択肢がさらに広がります。

サーバーにためられる水の量は少なく、ペットボトルを頻繁に交換しなくてはならないのがネックですが、冷水とお湯がすぐに使えるメリットは同じです。

 

静音&クリーニング機能があるか

ウォーターサーバーは、ボトルから水を入れた時、保温と冷却が行なわれるため、振動音が発生します。

寝室にサーバーを設置すると、この音で寝られなくなることもありますので、気になる方は静音設計のタイプを選ぶといいですよ。

また、ボタンを押すだけでタンクや給水管などに熱湯を循環させて、クリーニングする機能が搭載されているサーバーもあります。

これによって、サーバー内部のカビや雑菌の繁殖を防げますので、こちらも機能の有無を公式サイトで確認しておきましょう。

 

自宅に合ったウォーターサーバーなら小さいサイズでも大満足!

キッチンに設置したサーバー

出典:https://www.frecious.jp/feature/siphondesign/

小さいウォーターサーバーを検討する時は、設置スペースだけでなく、ライフスタイルや水の料金も検討することが重要です

後で後悔しないためにも、本記事を参考に通常サイズのサーバーと徹底比較して、納得の1台を選びましょう!