検索されてます!
  1. 安い
  2. おしゃれ
  3. 赤ちゃん
  4. コスパ
  5. 比較

ウォーターサーバーはレンタルと購入どっちがお得?それぞれのメリット・デメリット

今話題のウォーターサーバーを自宅にも欲しいと考える方は多いと思いますが、詳しい導入方法をご存じでしょうか?

導入方法にはレンタルと購入の両方がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあるので、それを理解して選ぶことが大事です。

そこで今回はレンタルと購入のメリット・デメリット、さらにはレンタルウォーターサーバーに関する疑問への回答や選ぶポイントをご紹介します。

ウォーターサーバーの導入を検討される方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのウォーターサーバー
コスモウォーター
コスモウォーター画像
総月額費用 デザイン 使いやすさ
4,504 Sランク Sランク
  • 累計販売台数100万台突破!
  • グッドデザイン賞受賞!
  • 女性でもボトル交換が楽ちん!
  • 省エネ機能で電気代をお安く

ウォーターサーバー導入には「レンタル」と「購入」がある

レンタルのウォーターサーバー

自宅にウォーターサーバーを導入するには、レンタルと購入の2つの方法があります。

まずは、それぞれの特徴をご紹介します。

ウォーターサーバーのレンタル

ウォーターサーバーをレンタルでは、基本的にサーバー本体の高い費用を払うことなく、すぐに自宅にウォーターサーバーを導入できるようになっています。

実質の支払いは毎月かかるボトル代のみとなり、初期費用の負担を大幅に軽減可能です。

ただし、全てのメーカーが本体代を無料にしているわけではないので、申し込む前に確認をしましょう。

ウォーターサーバーの購入

一方ウォーターサーバーを購入する場合には、サーバー本体の金額を支払って購入した後の導入となります。

初期コストは高いですが、自分の家庭専用のウォーターサーバーとして使えるようになります。

本体の購入価格はレンタルよりも高く、多くのサーバーが3万円以上するケースがほとんどです。

ただ、一括ではなく分割払いができる会社が多いので、負担を軽減できます。

ウォーターサーバーはレンタル方式が主流

ウォーターサーバーの導入には「レンタル」と「購入」の2種類があるとお伝えしましたが、現在は一般家庭では「レンタル方式」が圧倒的に主流です。

多くのメーカーでレンタルに対応しているため、気軽に各家庭に導入できるようになっています。

ウォーターサーバーが一家に一台となる以前は、企業のオフィスに置いてあったイメージが強く、「ウォーターサーバー=高級」と言うイメージを持つ方は多くいました。

そんなイメージを変えたレンタル方式は、ウォーターサーバー導入のハードルを一気に下げたと言えます。

レンタルと購入のメリット・デメリット

メリットとデメリット

ウォーターサーバーのレンタルと購入では、どちらもメリットもあればデメリットもあります。
導入に後悔しないためにも、両方のメリットとデメリットを確認しましょう。

レンタルで利用するメリット・デメリット

色々なメーカーがウォーターサーバーのレンタルを行っているので、利用者が選べるサーバーの数が非常に多種多様です。選択肢が広がるので、自宅のインテリアにあったサーバーを選んだり、お得に利用できるサーバーを選んだりできるのがまずはひとつのメリットです。

また、レンタル後に別の機種やメーカーに変えたい!となった場合も、レンタルなのでお手軽に乗り換えできるのがレンタルのメリットです。

 

決められた期間中に解約や別のサーバーに交換すると解約手数料または交換手数料がかかるものの、本体を返却すれば新しいものをすぐに導入できます。

解約手数料に関しては乗り換えキャンペーンをやっているメーカーも多いので、場合によってはお得に乗り換えも可能です。

本体代も無料となっているメーカーが多いこともメリットです。ただし、水の最低注文数が決まっている会社もあるので、望まない数を注文するはめにならないように注意してください。

購買するメリット・デメリット

ウォーターサーバーの購入は初期費用がかかるという点が大きなデメリットですが、実は購入ならではのメリットもあります。

まず、購入となると基本的に契約期間という縛りがなくなるので、やめたいとなっても解約手数料がかからないのはメリットです。

どのメーカーでも3年以上の利用となれば、レンタルで料金が発生する会社よりも割安に利用できます。

また、サーバー本体を自分好みにカスタマイズできるケースが多かったり、水の購入にノルマがなかったりという点もメリットです。

選ぶ基準はコスト重視か長期利用かで決める

コストを重視するなら、初期費用がかかりにくいレンタルがおすすめです。

一方、長期的な利用を考えるなら、レンタル料を払い続けるよりも購入の方がコスト面の負担を軽減できますが、メンテナンスコストや故障リスクも頭に入れて置かなければなりません。

 

どちらもメリットとデメリットの両方があるため、どちらが良いかは人それぞれです。どの項目を重視するかを考えて自分にぴったりのウォーサーターバーを最適な方法で選びましょう。

レンタルウォーターサーバーに関するQ&A

Q&A

続いてはレンタルウォーターサーバーに関しての質問に答える形で、様々な疑問を解消していきます。

サーバーを無料で導入できるメーカーがあるのはなぜ?

ウォーターサーバーを無料で提供する理由には各社それぞれ違いがあり、一概にこれという理由はありません。

主に挙げられる理由は、水の料金にレンタル料が含まれているから、というのが多いです。

また、ボトルの購入数に最低ノルマが定められていることも、無料で本体を提供する理由に挙げられます。

壊れやすいのは本当?

レンタルとなると新品が提供されるとは限らず、壊れやすいのでは?という不安もあるいでしょう。

しかし、レンタルだからと壊れやすいウォーターサーバーが導入されることはありません。

新品であっても、そうでなくても提供前にメンテナンスが行うメーカーが多いので、初期不良のリスクは低いです。

元々、レンタル用も購入用と同じスペックで作られているので、機能が劣るという心配もありません。

メンテナンスや修理に対応してもらえる?

レンタル方式でサーバーを貸し出しているメーカーでは、定期的なメンテナンスを行ってくれるところがほとんどです。

何か少しでも不具合を感じたら、遠慮せずに問い合わせてメンテナンスを行ってもらいましょう。

好きな時に解約できる?

メーカーによっては最低契約期間などを設けている場合があります。

そのケースでも期間中に解約は可能ですが、解約金が発生するので注意が必要です。

解約については契約書などをしっかり確認し、契約を締結させてください。

レンタルウォーターサーバーを選ぶポイント

選ぶポイント

最後はレンタルウォーターサーバーの後悔しない選び方をご紹介します。

毎月の費用を確認しよう

自宅の水道水であれば水道料金を払えばいくらでも飲めるため、ウォーターサーバーの導入は正直コストがかさみます。

できるだけ料金を抑えて利用できるように、サーバーのレンタル料金だけではなく水の価格やオプションも細かく確認しましょう。

水とボトルの種類

ウォーターサーバーで提供される水は、天然水とRO水の2種類に分けられます。

天然水は自然の水を採水したもので、RO水は原水をフィルターでろ過し、ミネラルや味を調えた人工水です。

それぞれの水で値段も代わり、また各メーカーで細かい違いもあるので確認した上で、自分の飲みたい水を選んでください。

注文ノルマや解約金の有無

ウォーターサーバーの利用にはランニングコストがそれなりにかかります。

そのため、コストを抑えるためには注文ノルマが設定されていないメーカーを選ぶと安心です。

また、途中解約で違約金が発生するかどうかもメーカーによって異なります。

導入してから後悔しないように、注文ノルマや違約金の有無は契約時によく確認してください。

大きさやデザインを確認

ウォーターサーバーは、大きさもデザインもメーカーとラインで異なります。設置には一定のスペースを必要とするので、大きさは必ず確認しましょう。

また、家のインテリアにマッチしたデザインだと内装を損ねず導入できます。

特にリビングなど家族以外に人も入る部屋に設置する場合は、デザイン性も配慮して選ぶことをおすすめします。

レンタルウォーターサーバーについてのまとめ

レンタルウォーターサーバーなら、購入に戸惑う方も気軽に導入できます。

ただ、購入にもメリットがあるので、それを踏まえた上で自分にあった導入方法を選んでみてください。

また、レンタルだからと本体が粗悪品だったり、機能が劣ったりといった心配はありません。

安心してウォーターサーバーのある生活を実現できるので、気になる方は無料レンタルから始めてみてはいかがですか?