楽水のウォーターサーバーの評判は?口コミや特徴をご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 楽水と一般的なウォーターサーバーの違いって何?
  • 最近評判の楽水についてもっと知りたい
  • 水が飲み放題の楽水ってどんなウォーターサーバー?

このように考えているかもしれません。

そこでこの記事では、今評判の楽水ウォーターサーバーについて、これまでのウォーターサーバーとの違いを徹底比較したいと思います。

今評判の楽水のウォーターサーバーって?

コック式ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを使ったことがある人ない人も、ウォーターサーバーとはどういうものかはイメージ出来るかと思います。

  • ウォーターサーバーはレンタルで借りる
  • 水は定期便や注文に応じて自宅やオフィスに届く
  • ウォーターサーバーのウォーターボトルは使っただけ費用がかかる

では、楽水のウォーターサーバーはどういうものなのか?実は水が使い放題なのです!なるほど、今大評判な理由が理解できますね。水道に直結することで、水道水をろ過してくれ、冷水も温水もいつでも使える優れもの。ですので、かかる費用はウォーターサーバーのレンタル代のみ(初期費用は別途かかります)なのです。

楽水のイメージ

出典:https://rakumizu.jp/

まるで冷水と温水の機能が付いた、高性能な浄水器のようなもの。ウォーターサーバーの中で水をろ過していますので、浄水器と同様にカートリッジの定期的な交換が必要です。

「浄水器のカートリッジ代金って、結構高いよね?」

こう思われる方も少なくないかと思います。楽水のウォーターサーバーの場合もきっとそう、と思っているあなたに朗報!なんと、楽水のウォーターサーバーはカートリッジ代も無料です!さすが評判なだけありますね。

安いと評判の楽水。ウォーターサーバーの気になる料金は?

カートリッジ無料

出典:https://rakumizu.jp/price/

月額利用料は、なんと2,980円から!(+消費税)。契約期間は3年ですが、3年経過後はいつでも解約が可能です。

プラン名初期費用月額サーバーレンタル費備考
ライトプラン12,000円2,980円スタンダードなライトプラン
DIYプラン5,000円2,980円自分で設置のお得プラン
給水タンクプラン8,000円2,980円水道工事不要プラン
ROプラン12,000円3,980円逆浸透膜の安心プラン
冷水器プラン12,000円2,980円お湯が不要な方向けプラン

※表示価格は全て税抜きです。別途消費税がかかります。
※3年経過未満の解約時は解約金がかかります。

一般的なウォーターサーバーとのコスト比較

代表的なウォーターサーバーメーカーとコスト比較をしてみましょう。

項目楽水アクアクララコスモウォータープレミアムウォーター
初期費用5,000円~0円0円0円
サーバーレンタル費2,980円~1,000円~0円~0円~
水(36リットル)0円3,600円5,700円5,772円
電気代1,000円500円500円500円

※表示価格は全て税抜き表示です。別途消費税がかかります。
※水36リットルは、一般的なご家庭での平均的な平均と言われている使用量です。
※楽水の電気代は公式発表がされていないため、一般的なウォーターサーバーを表記しています。
※各社プランによって金額に相違があります。一般的なプランやコースで比較しています。

ご覧の通り固定費ですので、水を多く長く使えば使うほど、どんどんお得になるイメージです。

 

大評判の楽水のウォーターサーバー!メリットとデメリットとは?

楽水のメリット

出典:https://rakumizu.jp/spec/

コスト面では非常に優れている楽水。導入するメリットはとても多いのですが、逆にデメリットもあることを理解しましょう。ここでは、そんな楽水のメリットとデメリットを分かりやすく解説します。

楽水のメリット

1、費用負担は定額レンタル料のみ!

何といっても評判な理由はその安さ!レンタル料の負担のみで水は使い放題のため、これまで料理には使いずらい思いをされていた方も、気にせずどんどん使用できるのはとても大きなメリット。楽水導入後は料理やお米研ぎなどにも気にせず利用することが出来ます。

2、ウォーターボトルの保管や交換が不要!

12リットル入りのボトルはとても重いもの。特に女性やお年寄りは、無理して持つと思わぬ事故にも繋がりかねません。楽水であればお水の補充が不要なため、ボトル交換の不安なく利用することが出来るのです。保管場所やお水の受け取りの煩わしさからも解放されますね。

3、利用シーンに応じていろんな温度が楽しめる!

冷水や温水に加え、常温水の利用が可能な楽水のウォーターサーバー。利用シーンによって使い分けが可能です。例えば料理に冷水を使うのはとても非効率的。お米を研ぐのも冷水を使用する必要はありません。楽水であれば、お料理には常温水を、飲み物には冷水や温水をと、使い分けができるのが嬉しいところ。

また、加熱ボタンを押すことで、素早く95度の熱湯にすることが可能なため、インスタントラーメンなどを作る際も重宝しますよね。

楽水のデメリット

1、設置には工事が必要

楽水のウォーターサーバーを設置するには工事が必要です。ですので、工事がNGの建物にお住まいの方にはご利用いただけません。また、水道管より分岐してくるため、設置場所はある程度限られてきてしまいます。

2、独り暮らしなどの少量利用の方は割高に!

例えば独り暮らしの方やあまりご自宅にいらっしゃらない方の場合、他のウォーターサーバーと比較し、逆にコストが高くなってしまう場合もあります。ご自身でどれくらい水を使用するか考えたうえでご利用いただく必要があります。

3、初期費用がかかる

工事を伴うため初期費用が掛かってしまいます。ご自分で設置するDIYプランを利用することで、初期費用を抑えることも出来ます。気になる方は検討されてもいいかもしれません。

 

納得の評判な楽水!水の使用量が多い人におすすめ!

水を飲む女性

何といっても月額レンタル料のみで利用できるのが1番のポイントですね。歯磨きや洗面でも利用できちゃうんです。使えば使うほどお得になりますので、他社のウォーターサーバーを利用されている方で水を使いすぎだなと感じた方は、1度検討されてみるのも良いかもしれません。

ただし、水の利用量が極端に少ない方は逆に割高になりますので、ご自分の家族構成やライフスタイルをよく考えたうえで検討されることをオススメします。

あなたも楽水で便利な時短生活を送ってみましょう。