検索されてます!
  1. 安い
  2. おしゃれ
  3. 赤ちゃん
  4. コスパ
  5. 比較

レンタルよりお得になる?買取型ウォーターサーバー4選

この記事を読んでいるあなたは、

  • ウォーターサーバーをレンタルと買取のどちらが良いか迷っている
  • ウォーターサーバーを購入するならお得に買い取りたい
  • ウォーターサーバーを処分もしくは買取業者に売却したい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、買取型ウォーターサーバーのメリット・デメリットや特にお得なおすすめの商品を紹介し、買い取ったウォーターサーバーの処分方法を解説します。

買取型ウォーターサーバーを購入するメリット・デメリット

お得・メリット
出典:https://pixabay.com/images/id-1238598/

ウォーターサーバーを使い始める場合、レンタルと買取(購入)のどちらがお得かご存知でしょうか?
下記にてウォーターサーバーを買い取る場合のメリット・デメリットをまとめました。

種類やデザインが豊富なレンタルが主流?

実は買い取れる(購入できる)ウォーターサーバーは多くありません。

レンタルの方が気軽に始められるので人気も高く種類も豊富です。しかしレンタルは半年~2年以上の最低契約期間があり、解約時に違約金が発生する場合もあるので注意が必要です。

2〜3年程度の使用でレンタル代よりお得に!

買取型の初期費用の負担はレンタルよりも大きいですが、一度購入してしまえば、2〜3年程度でレンタル代よりお得になる場合が多く、使えば使うほどお得です。長く使えるよう、ウォーターサーバーを買い取った人に対して水の購入代を通常の15〜20%ほど割引しているメーカーもあります。

価格のほかに気をつけたいのはメンテナンスや保証

買取型は長く使い続けるとお得な一方、故障時の保証や定期メンテナンスが対象外の場合もあるので注意しましょう。

また購入すると処分に手間がかかる場合も多いので、他のメーカーに乗り換えづらくなります。
レンタルでは他社から乗り換える際に違約金を負担してくれるメーカーもありますので、気軽に試したい場合にはレンタルを検討しても良いかもしれません。

下記にそれぞれの特徴をまとめましたので参考にしてみてはいかがでしょうか。

メリット デメリット
レンタルウォーターサーバー ・初期費用が安い
・デザインや種類が豊富
・保証・メンテナンスがある
・メーカーに処分してもらえる
・他社の解約違約金を負担してもらえる
・毎月レンタル費が発生する
(長く使うほどお金かかる)
・最低契約期間の縛りがある
(解約時に違約金が必要)
・毎月の水の注文ノルマがある
買取型ウォーターサーバー ・レンタル費が発生しない
(長く使うほどお得)
・最低契約期間の縛りがない
(解約時に違約金が不要)
・毎月の水の注文ノルマがない
・水の購入代が割引になる
・初期費用が高い
・デザインや種類が限られている
・保証・メンテナンス対象外になる
・自分で処分する必要がある

※メリット・デメリットはそれぞれの傾向を表しており、メーカーによっては異なる場合があります。詳細は各メーカー・販売店にご確認ください。

お得な買取型ウォーターサーバーおすすめ4選

お買い得
出典:https://pixabay.com/images/id-2292428/

お得でデザイン性も高く、長期間愛用できそうなおすすめの買取型ウォーターサーバー4選を紹介します。

FRECIOUS Slat(フレシャス スラット)

FRECIOUS Slatは、冷水・温水・常温・高温・70度の温水と合わせて5つの温度が使用できます。
水のボトルがサーバー下部に設置されておりボトル交換も楽々です。

FRECIOUS Slat 本体価格 50,000円(税抜)
URL:https://www.frecious.jp/slat/price/buy/

FRECIOUS dewo mini(フレシャス デュオ ミニ)

カウンターやワゴン、スツールの上など置き場所を選ばない小型の卓上ウォーターサーバーです。
水のボトルは軽量4.7Lの使い捨てなので力がなくてもボトルが交換できます。

FRECIOUS dewo mini 本体価格 42,000円(税抜)
URL:https://www.frecious.jp/dewomini/price_buy/

サントリー天然水 ウォーターサーバー

4段階に温度調整できる機能や衛生的な状態を保つ自動メンテナンス機能により、手軽に美味しく天然水を楽しめます。
2重のチャイルドロックでお子様も安心です。

サントリー天然水 ウォーターサーバー 本体価格 48,000円(税抜)
URL:https://www.suntoryws.com/price/buy/

Kirala Smart Server(キララ スマート サーバー)

冷水・温水に加え、できたての炭酸水を飲める革新的なウォーターサーバーです。
奥行き約18cmでスリムなので、A4用紙程度のスペースがあれば設置できます。

Kirala Smart Server 本体価格 83,000円(税抜)
URL:https://www.kirala.jp/use/purchase.html

買取型ウォーターサーバーの処分方法、買取業者の買取価格の相場は?

ゴミ箱
出典:https://pixabay.com/images/id-1922716/

買取型のウォーターサーバーはどのように処分するのが良いでしょうか?
下記にて買い取ったウォーターサーバーの処分方法を紹介します。

購入したウォーターサーバーは粗大ゴミとして処分する?

ウォーターサーバーの廃棄は粗大ゴミとして自治体に依頼できる場合が多いですが、地域によって扱いが異なるので事前に確認しましょう。自治体で廃棄できない場合には不用品回収業者に回収をお願いする必要があります。

購入したウォーターサーバーは買い取ってもらえる?

リサイクルショップやネットオークションで買い取ってもらおうと検討している方は、トラブル防止のため事前に契約内容を確認しましょう。契約によって、本人や指定地域以外では水が追加購入できない可能性もあるので要注意です。

購入したウォーターサーバーの買取価格はどのくらい?

リサイクルショップやネットオークションでの買取は、物によって相場が様々ですので、既に出品されている商品価格を参考にしましょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう場合には、有料となる可能性が高く、一般的に5000円前後で引き取ってもらえるでしょう。

ウォーターサーバーの買取にはリスクもある!メリットを見極めましょう

水滴
出典:https://pixabay.com/images/id-1761027/

手持ちの資金があり長く愛用したいウォーターサーバーが見つかった場合には、購入を検討するのも良いかもしれません。しかし無名のブランドだと、せっかく購入しても事業が終了して水が突然供給されなくなるようなリスクもあるので注意が必要です。

基本的には長く使うほど買取型の方がお得になりますが、レンタルと買取型のそれぞれにメリット・デメリットがありますので、記事を参考に自分にとってメリットの大きい入手方法を選択するようにしましょう。