検索されてます!
  1. 安い
  2. おしゃれ
  3. 赤ちゃん
  4. コスパ
  5. 比較

ウォーターサーバーのかびや菌の対策はどうすればいい?日頃のお手入れなど詳しく解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • ウォーターサーバーってかびや菌は大丈夫なの?
  • ウォーターサーバーのかびや菌の対策方法は?
  • ウォーターサーバーのかび対策などどうなっているのか知りたい

このように考えているかもしれません。

 

そこでこの記事では、ウォーターサーバーの気になるかびや菌の対策、日ごろのお手入れ方法などについて詳しく解説していきます。

ウォーターサーバーがかびや菌に侵されるとどうなるの?

リビングとウォーターサーバー

家庭やオフィスで大活躍のウォーターサーバー。いつでも冷水と温水が利用出来てとても便利ですね。

しかし、日ごろのお手入れを怠ると、かびや菌に侵されてしまう可能性も!では、ウォーターサーバーがかびや菌に侵されるとどうなってしまうのでしょうか?

水気のある場所に黒ずみが付く

冷水の取水口周りに黒っぽい点々や赤っぽい汚れなどが現れたら、それこそまさしくかびなのです。菌が増殖し、コロニー(集落)が形成されたもの。抵抗力の弱い病気の方や赤ちゃん、お年寄りなど、健康を害する恐れもあるので注意が必要です。

お水の味が変化する

かびがウォーターサーバー内部に及んだ場合、見た目での判断は難しくなります。ただ、かびは臭気を発しますので、お水の味に変化が生じ気が付く場合が多いのです。毎日飲む水が少しおかしいなと思ったら、早めにメーカーに相談しましょう。

ひどくなると、どろっとした塊が

ウォーターサーバー内部にかびが増殖した場合、どろりとした水カビの塊が流れ出てくることがあります。これはウォーターサーバーだけに限らず、浄水器なども同様です。このような状態で使用するのはお勧めできません。すぐにメーカーに相談しましょう。

ウォーターサーバー別のかび・菌対策

アクアクララのウォーターサーバー

出典:https://www.aquaclara.co.jp/about/server.html

このようなかび問題に、各メーカーも対策を進めています。

定期メンテナンスや除菌剤などでかびの発生を防ぐ方法と、ウォーターサーバーそのものの機構でかびの発生を抑制する方法などがあります。

定期メンテナンスがあるウォーターサーバー

アクアクララやクリクラ、アルピナなど、自社宅配サービスの会社は定期メンテナンスを実施している場合が多いです。また、ウォーターサーバー内部に抗菌剤などを入れることで、二重に対策がされている機種もあります。

気になる方は各社のHPなどでメンテナンスの内容を確認してみましょう。

 

多機能で細かい要望に応える!アクアクララの詳細はこちら!

詳細を見る

 

お客様満足度9年連続No.1!クリクラの詳細はこちら!

詳細を見る

 

オートメンテナンスのウォーターサーバー

コスモウォーター、プレミアムウォーター、フレシャスなどの宅配便型サービスを提供しているメーカーのサーバーは、オートメンテナンス機能が搭載されているサーバーが多く採用されています。熱水循環や紫外線殺菌など、機種により機構が異なります。

各社のHPなどで機構についてチェックしてみましょう。

 

女性やママさんに圧倒的人気!プレミアムウォーターの詳細はこちら!

詳細を見る

 

 

経済産業大臣賞受賞!デザインが魅力のフレシャスの詳細はこちら!

詳細を見る

 

 

コスパで選ぶならこれで決まり!コスモウォーターの詳細はこちら!

詳細を見る

 

自分で出来るウォーターサーバーのかび対策

お手入れの道具

ウォーターサーバー内部のメンテナンスは自分では不可能です。逆にかびが発生する要因にもなりえますし、電気的にも危険です。

かび対策としては、以下のような点に注意して日常のお手入れを心がけることが大切です。

取水口のおそうじ

食品に使用できるキッチン用アルコールなどをきれいなキッチンペーパーなどに吹き付け、冷水や温水の取水口をこまめに拭い汚れを落としましょう。

コーヒーなどを淹れる場合の注意点

お湯が跳ねないように近づけすぎることで、跳ね返ったコーヒーが取水口に入り込むことがあります。綿棒などにアルコールを吹き付け、取水口の中まできれいに掃除をしましょう。

ウォーターサーバーの電源は切らない!

温水側は、内部が高温のためかびの発生はありません。冷水側も低温状態が維持されているため、かびが発生しにくい構造になっています。しかし、電源を切ることで常温になると、内部の菌が一気に増殖を開始します

旅行などで2~3日家を空ける場合でも、コンセントは絶対に抜いてはいけません

こまめにお掃除で安心!

その他、気を付ける部分はボトルなどの差込口付近や水受け皿など。ほこりなどが溜まりやすいため、ここも定期的にお掃除しておくと安心です。

お掃除の頻度は利用頻度にもよりますが、理想は毎日行うこと。毎日が難しい場合でも、出来るだけ汚れが目立つ前にお掃除することで、かびの発生を防ぐことが出来ます。

ウォーターサーバーのかび対策は日常のお手入れが重要!

まとめ

いかがでしたか?

冷蔵庫同様、ウォーターサーバーもこまめにお手入れすることで、気持ちよく使えるほか、かびの対策にもなるのです。

  • 取水口を中心に日ごろのお手入れをこまめに行う
  • コンセントは絶対に抜かない
  • できれば毎日、毎日が難しくても、汚れが目立つ前にお手入れしましょう

以上を心がけ、快適なウォーターサーバーライフをお楽しみください。