前割り焼酎とは?美味しく楽しむ作り方・飲み方を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • 前割り焼酎とはどんなものか気になる
  • 前割り焼酎の作り方を知りたい
  • 前割り焼酎の美味しい飲み方を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに前割り焼酎の基礎知識や、美味しく楽しむための前割り焼酎の作り方・飲み方を解説します。

「前割り焼酎」とは?

お酒好きの人でも、前割り焼酎という言葉はあまり聞いたことがないかもしれません。一体どんなお酒なのでしょうか?

焼酎と水を混ぜて数日間寝かせたもの

前割り焼酎とは、「焼酎と水を混ぜて数日間寝かせたもの」です。プロの技術は特に必要ないので、ご家庭で誰でも簡単に作ることができます。

焼酎の本場・鹿児島などで、伝統的に楽しまれてきた飲み方です。

口当たりがまろやか

前割り焼酎は口当たりがまろやかです。ビールなどと比べると、焼酎はアルコール度数が高く、味にクセがあるものも多いため、特に若い人の中には進んで焼酎を飲まない人も多いでしょう。

しかし、前割り焼酎は水が混ざっており、口当たりがまろやかなため、今まで抱いていた焼酎のネガティブなイメージが崩れるかもしれません。前割り焼酎は、焼酎ファンの増加にも一役買いそうです。

焼酎が苦手な人も飲みやすい

前述の通り、前割り焼酎は口当たりがまろやかなので、お酒が苦手な人、焼酎が苦手な人でも比較的飲みやすいと評判です。

水によってアルコールが薄まっているため、いつもよりぐいぐい飲んでしまいそうですね。ただ、前割り焼酎はアルコール度数10%ほどのやや強めなお酒なので、飲み過ぎにはもちろん注意です。

 

前割り焼酎の作り方

前割り焼酎の存在を知って、飲んでみたいと思った人も多いでしょう。ここでは、誰でもできる簡単な前割り焼酎の作り方をご紹介します。

焼酎とミネラルウォーターがあればOK

前割り焼酎を作る際に用意するものは、焼酎とミネラルウォーターのみです。ミネラルウォーターを注ぎやすくするために、ロートがあればなお良いでしょう。

また、ミネラルウォーターと一口に言っても、軟水か硬水かなど、ミネラルウォーターの性質によって前割り焼酎の味の雰囲気が変わるので、好みのミネラルウォーターを用意しましょう。

前割り焼酎用のミネラルウォーターなら、軟水がオススメです。軟水はミネラルが比較的少ないため、焼酎の旨味を損なわないのです。

 

前割り焼酎を手間なく簡単に楽しみたい方はウォーターサーバーがおすすめです。美味しい天然水で作るお酒はまさに絶品です。

関連記事

月額費用が一番安いウォーターサーバーを知りたい ウォーターサーバーの費用をランキングで知りたい 最安値のウォーターサーバーってどれ? 上記の疑問をお持ちの方に、この記事では月額費用が本当に安いウ[…]

総月額費用が安いウォーターサーバー

焼酎とミネラルウォーターの割合は5:5か6:4がおすすめ

前割り焼酎を作る際の焼酎とミネラルウォーターの割合は、5:5か6:4がおすすめと言われています。

もちろん好みの問題なので、焼酎の味がより強い方がよければ、焼酎の割合を多めに、焼酎の味が少し苦手であったり、アルコール度数が低い方がよかったりする人は、ミネラルウォーターの割合を多めにしましょう。

冷蔵庫で数日寝かせる

焼酎とミネラルウォーターを好みの割合で入れたら、冷蔵庫で数日寝かせましょう。前割り焼酎を冷蔵庫に寝かせる期間は人によって様々で、2、3日だけ寝かせる人や一週間寝かせる人もいます。もちろん、一晩寝かせただけでも味わいに変化が起こります。

前割り焼酎は、寝かせる期間によって味の感じが変わってきます。期間を変えて色々研究してみて、よりご自分好みの前割り焼酎を見つけましょう。

 

前割り焼酎の飲み方

前割り焼酎の作り方がわかれば、あとは飲むだけですね。ここでは前割り焼酎のおすすめの飲み方を2つご紹介します。

そのままグラスで

一つめの飲み方は単純にそのままグラスで飲む飲み方です。夏やお風呂上がりなどの際には、冷蔵庫で冷えた前割り焼酎を一口口に含むと、心地よい気分に浸れるのではないでしょうか。火照った体に前割り焼酎が染み渡りそうです。

前割り焼酎をそのままグラスで飲む場合は、冷蔵庫から取り出してすぐに飲めるので手軽でいいですね。

「千代香」でぬる燗に

もう一つの飲み方は「千代香」でぬる燗にして飲む飲み方です。千代香(ちょか、ぢょか)は焼酎を熱燗やぬる燗にして飲むための伝統的な酒器で、焼酎の本場・鹿児島の黒千代香が有名です。

前割り焼酎を千代香に注ぎ、弱火で火にかけます。そうすると、よりまろやかな前割り焼酎の味わいを楽しむことができますよ。千代香がなんとも良い雰囲気を演出しますし、千代香で焼酎を飲むと、焼酎通のような気分に浸ることができそうですね。

特に寒い冬は、前割り焼酎を千代香でぬる燗にして家族で楽しんだり、一人で楽しんだりすると、寒さも吹き飛びそうです。

前割り焼酎は自分と同居の親族のみで

ここで一つ、前割り焼酎を飲む際の注意点です。前割り焼酎は、自分と同居の親族のみでしか楽しむことができません。

なぜなら、前割り焼酎を作ることは酒税法で「みなし製造」に当たるとされているからです。そんな事情もあって、お店などで前割り焼酎をあまり見ることがなかったのですね。

美味しくできた前割り焼酎を、知人を招いた食事会などで提供したくなるかもしれません。しかし、そういった行為は酒税法で禁じられているので、控えるようにしましょう。

 

前割り焼酎を試してみよう

焼酎の本場・鹿児島でも伝統的に受け継がれてきた前割り焼酎のご紹介でした。

誰でも手軽に作れるので、ぜひ一度試してみてくださいね。