検索されてます!
  1. 安い
  2. おしゃれ
  3. 赤ちゃん
  4. コスパ
  5. 比較

トータルの月額費用が安い!コスパがいいウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーを利用する時に発生する月額費用は、水の代金だけではありません。

メーカーによっては、サーバーのレンタル代がかかりますし、電気代もマシンの仕様によってさまざまです。

そこで、主要なウォーターサーバーメーカーの月額費用をリサーチし、コスパのよさがひと目でわかるようにまとめてみました。

費用の安さだけでなく、利便性の高さやサービスの充実度も含めて評価していますので、みなさんのウォーターサーバー選びの参考にしてください!

 

なお、とりあえず料金だけが気になる方は、以下の表を参考にしてみてください。

※サーバーレンタル代、水代(24ℓ換算)、電気代(各メーカー公式ページ参照)、サポート費用を合計した月額料金を記載しています。

メーカー名 月額料金の総額 公式ページ
1位
クリクラ
3,523円 公式ページを見る
2位
信濃湧水
3,922円 公式ページを見る
3位
フレシャス
4,170円 公式ページを見る
4位
アクアクララ
4,250円 公式ページを見る
5位
コスモウォーター
4,504円 公式ページを見る
6位
サントリーウォーター
4,546円 公式ページを見る
7位
うるのん
4,617円 公式ページを見る

 

お客様満足度9年連続No.1!クリクラの詳細はこちら!

詳細を見る
目次

ウォーターサーバーの利用で発生する4つの月額費用とは?

月額費用の計算

ウォーターサーバーは、サービスを提供するメーカーからサーバーをレンタルし、毎月必要に応じて水を購入するというシステムになっています。

自宅で使うサーバーを選ぶ時は、このレンタル代と水の月額費用に目が行きがちですが、ほかにも注目すべき費用がいくつかあります。

では、項目ごとに、月額費用の詳細や特徴を詳しくチェックしていきましょう。

1.ウォーターサーバーのレンタル代

ウォーターサーバーのサービスを提供するメーカーが増え、顧客獲得競争が激しくなってきたこともあって、最近は「サーバーレンタル代無料」をセールスポイントに掲げているところがほとんどです。

ただし、機能性が高いサーバー(省エネタイプなど)を選ぶと、月額費用として300円程度かかるケースがあります。

「節約できる電気代 > サーバーのレンタル費用」

と判断しましょう。

2.種類によって変わる水の購入費

ウォーターサーバーに使われる水の種類は、「RO水」と「天然水」に分かれます。

RO水は水道水を原料にして作られていますが、天然水は山の麓や川の上流などに工場を設置し、その場で採水した水をボトルに詰めているんですね。

このように手間がかかることから、天然水はRO水より値段が高くなっています。

その代わり、天然水にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルに加えて、酸素も多く含まれているため、水のおいしさは格別。

また、採水地によって天然水の味は変わるので、RO水より月額費用は高くなるものの、全国各地の“銘水”を楽しめるのも魅力の1つです。

3.省エネタイプにすれば劇的に安くなる電気代

ウォーターサーバーは熱湯に近い温度のお湯と、冷水を内部のタンクにためておく家電です。

そのため、常に電気代が発生しますし、常温の水をタンク内でお湯にする時は、消費電力が上がるという特徴があります。

冷水や温水の使用量によって変動しますが、一般的にウォーターサーバーの利用で発生する電気代は、月額1,000円前後が目安です。

しかし、この電気代が水の代金(ボトル1本分)を上回ることもあり、電力消費量が少ないウォーターサーバーのニーズが高まりました。

その結果、省エネタイプのサーバーが増えてきたのです。

なかには、1か月の電気代が300円程度で収まるサーバーもありますので、サーバーごとの電気代の違いは、必ず確認しておいてくださいね。

4.安心感が高まるサポート費用

サーバーが故障した時に修理するとか、定期的なメンテナンスを行なうサービスの利用料としてかかるのが、サポート費用です。

ただし、自動クリーニング機能が搭載されているウォーターサーバーは、「メンテナンスフリー」になっていることが多く、月額費用として発生しないことも。

サポート費用を設けているメーカーでは、サーバーを定期的に回収して、スタッフが内部クリーニングや部品交換を行なっていますので、

「いつも安全な状態でウォーターサーバーが使える」

という安心感が高まるんですよ。

 

ウォーターサーバーの月額費用比較時の注意点3つ

ウォーターボトル

参照:https://shinanoyusui.jp/product/

ウォーターサーバーの利用に伴って発生する月額費用は、利用状況によっては、上記4つ以外に追加になることがあります。

具体的なケースを挙げていきますので、サーバーを申し込んでからの後悔につながらないように、3つのチェックポイントをしっかり押さえておいてください。

水の最低注文本数(ノルマ)が設定されていないか?

メーカーによっては、1か月に注文数する水の本数が少ないと、サーバーレンタル代や手数料が発生します。

自宅にいる時間が短いと、水の使用量も少なくなりますから、該当する方は、水の注文本数によって月額費用が変動しないサービスを選ぶといいでしょう。

水の配送料がかからないか?

たいていのメーカーは、水の配送料を無料でサービス提供しています。

しかし、水を宅配便で送るサービスの場合、沖縄や北海道、離島などは送料が高くなるため、利用者に費用負担を求めるケースもあるんです。

ウォーターサーバーの申し込みをする時は、自分の居住エリアがサービス提供されているか確認すると同時に、配送料がかかるか否かもチェックしておいてくださいね。

サーバーレンタル代が電気代の節電額を上回っていないか?

サーバーレンタル代がかかる省エネサーバーを選ぶ時は、その費用と節電額を比較してください。

「サーバーのレンタル代が300円かかるのに、電気代は200円しか安くならない」

なんてケースもあります。

サーバーに自動クリーニング機能があるとか、デザイン性に優れているなど、付加価値に魅力を感じている場合はいいのですが、月額費用の安さを優先するなら、節電額がレンタル代を上回ることを重視すべきですね。

月に数百円しか差がなくても、年間で計算したら数千円単位で費用が変わってきますから!

 

ウォーターサーバー7社の月額費用ランキング

水の配達

参照:https://www.aquaclara.co.jp/about/safe-secure.html

それでは、4つの月額費用をすべてチェックしながら、主要なウォーターサーバーの利用時に発生するトータル費用を、安いタイプからランキング形式で解説していきます。

メーカー独自の費用が発生するケースもありますので、「検討時の注意点」もしっかり確認してください。

各メーカーが提供しているサービスの特徴を理解し、自分のライフスタイルに合っているか考えれば、最適なウォーターサーバーが見つかることでしょう。

 

(注意点)

※各メーカーの水の費用は、1か月に24リットル利用する場合を想定しています

※電気代は各メーカーが発表している金額や消費電力量をもとに、最低値を記載しています

※金額はすべて税抜きです

 

1位:子育て世代のママに大人気!水の費用が安いウォーターサーバー「クリクラ」

クリクラ

参照:https://www.crecla.jp/lineup/

 

  • クリクラ「省エネサーバー」
サーバーレンタル代 水の代金 電気代 サポート費用 合計
0円 2,656円 450円 417円 3,523円

 

水道水をキレイにろ過した「RO水」を利用できるクリクラは、水の代金が圧倒的に安いです。

天然水のような“味わい深い水”は楽しめませんが、電気代なども含めた月額費用が非常に安いので、若い人からシニアの方まで、幅広い層に人気です。

サポート費用が毎月かかるのが気になりますが、サーバーが故障したら無料で交換してもらえたり、年1回のフルメンテナンス(サーバーを分解して部品交換も行なう)に対応したりと、サービス内容はとても充実しています。

 

「クリクラ」検討時の注意点

水の注文本数が3か月で6本以下になると、1か月あたり1,100円のサーバーレンタル代が発生します。

ひとり暮らしで水の使用量が少ない方は、この費用は加算されて月額費用が高くなってしまう可能性があるので、サービス申し込み前に1か月に使用する水の量を計算してみましょう。

 

とはいえ、ウォーターサーバーを初めて利用する場合、月にどれぐらい水を消費するかわからないものです。

このような不安を抱えている方は、クリクラの無料体験に申し込んでみてください。

 

契約前にウォーターサーバーが自宅に届けられて、ボトル1本の水を利用できますので、月額費用の目安がハッキリわかりますよ。

 

お客様満足度9年連続No.1!クリクラの詳細はこちら!

詳細を見る

 

2位:月額費用は水代だけのウォーターサーバー「信濃湧水」

信濃湧水

参照:https://shinanoyusui.jp/server/

 

  • 信濃湧水「エコサーバー」
サーバーレンタル代 水の代金 電気代 サポート費用 合計
300円 3,158円 464円 0円 3,922円

北アルプスから採水した天然水を、格安の月額費用で楽しめるのが「信濃湧水」。

ミネラルの含有量が少なく、おなかにやさしい「超軟水」を使っているため、赤ちゃんのミルクに最適なんです。

エコサーバーには、内部のホースなどに温水を循環させて、カビや雑菌の繁殖を抑える「自動クリーニング機能」が搭載されています。

これにより、サポート費用が不要となり、リーズナブルな料金を実現しています。

 

天然水が飲めるウォーターサーバーの月額費用が、4,000円以下に収まるというのは、大きな魅力ですね。

サポート費用はかからないものの、4年に1度、メーカー側で無料メンテナンスを行ないます。

劣化した部品なども、このメンテナンス時に交換してもらえますので、末永く安全&安心の環境でおいしい水が飲めますよ。

 

「信濃湧水」検討時の注意点

エコサーバーに搭載した省電力機能を利用するには、手動でモードを切り替える必要があります。

この切り替え作業をしないと、電気代の目安は520円となり、月額費用が少し高くなる点に注意です。忘れないように注意です。

 

また、北海道と四国、九州地方に住んでいる方は、ボトルの配送料(459円)が1箱ごとに追加されます。

毎月2本のボトルを注文したら、月額費用が918円増えて、4,840円になる計算です。

 

残念ながら、沖縄と離島エリアは、信濃湧水のサービス対象外地域になります。

サーバーのレンタル代は、水の注文本数が減っても変わりません。

ただし、3か月間で水を4本注文しないと、800円の手数料が発生します。

 

ウォーターサーバーの老舗ブランド!信濃湧水の詳細はこちら!

詳細を見る

 

3位:高性能なのに月額費用が安いウォーターサーバー「フレシャス」

フレシャス

参照:https://www.frecious.jp/dewo/point/index.html?id=link1-2

 

  • フレシャス「dewo」
サーバーレンタル代 水の代金 電気代 サポート費用 合計
0円 3,840円 330円 0円 4,170円

 

重いウォーターボトルの代わりに、軽量の強化ビニールパックに水を入れた画期的なウォーターサーバーです。

インテリア性を重視したデザインを採用し、キッチンだけでなく、リビングや寝室にも置きたくなる美しさが際立っています。

 

パックに入った水の量は7.2リットルなので、ボトル交換の重労働から解放されますし、使用後はビニールを畳んで捨てるだけ。

他のサーバーのように、空ボトルの処理(キャップや容器の分別など)に時間がかかりません。

省電力機能も特筆で、サーバーに取り付けられたセンサーが室内の明かりを感知し、夜間はスリープモードに切り替えて消費電力抑制します。

さらに、エコモードボタンを押すだけでお湯の温度を下げられるので、電気の使用量がさらに下がるんです。

 

水の代金は、クリクラや信濃湧水に比べるとお高めですが、扱いやすさと機能性などを考えたら、納得の月額費用と感じるのではないでしょうか?

ちなみに、フレシャスで注文できる天然水は3種類あります。

3つともミネラルや、水のおいしさを左右する残存酸素(水に溶け込んでいる酸素)の量が異なるうえに、後味やのど越しも変わってきますので、水を飲むのが楽しみなると大好評です。

 

「フレシャス」検討時の注意点

フレシャスの水は、ウォーターパック4袋で1セットになっています。

注文は1セットから可能ですが、毎月2セット以上頼まないと、サーバーのレンタル代が500円かかってしまうシステムになっている点に注意です。

水を2セット注文すると、水の量は通常のボトルで換算すると4.5本分になります。

3~4人ぐらいの家族で、水の利用量も多いというご家庭でしたら、フレシャスdewoはかなりリーズナブルな料金で利用できますが、一人暮らしで自宅にいる時間が短い方は、月額費用が少し割高になることも。

また、2か月連続で水の注文をストップすると、休止手数料が月額1,000円発生します。

フレシャスのサービスを検討する時も、まず、自宅で1か月にどれぐらいの水を利用するか計算してみましょう。

ペットボトルの水を利用している方でしたら、毎月何本ぐらいの水を買っているかチェックしてみると、ウォーターサーバーを利用した時の水の使用量がわかりますよ。

 

経済産業大臣賞受賞!デザインが魅力のフレシャスの詳細はこちら!

詳細を見る

 

4位:あんしんサポートが好評のウォーターサーバー「アクアクララ」

アクアクララ

参照:https://www.aquaclara.co.jp/product/server/advance/

 

  • アクアクララ「アクアアドバンス」
サーバーレンタル代 水の代金 電気代 サポート費用 合計
0円 2,400円 350円 1,500円 4,250円

 

ウォーターサーバーを家庭に普及させたメーカーとして名高い、アクアクララのウォーターサーバー。

水はクリクラと同じ「RO水」を使っており、ミネラルを絶妙なバランスで配合して、日本人好みのおいしさに調整しているのが特徴。

 

睡眠中など、ウォーターサーバーを使わない時間帯の消費電力を抑える「省エネモード」の使用で、電気代の月額費用は350円まで節約できます。

 

水の代金が圧倒的に安い一方で、サポート費用が毎月1,500円もかかるのが気になりますよね?

しかし、この月額費用には、重たいサーバーの設置や本体のフルメンテナンス、故障対応などが含まれていますので、初めてウォーターサーバーを利用する方には、うってつけと言えます。

水の宅配は販売店のスタッフが直接行ない、ウォーターサーバーの設置場所の変更などにも、宅配時にある程度柔軟に対応してくれますよ。

 

「アクアクララアドバンス」検討時の注意点

他のメーカーと違って、アクアクララには水の最低注文本数が設定されていません。

1か月おきに2本頼む、家を空ける日が多い月は注文を休むなど、自分のライフスタイルに合わせて自由に注文できるのは、うれしいポイントですね。

サービス申し込み時に注意したいのは、水の宅配時に不在だと、ボトルは玄関わきなどに“留守置き”となることです。

衛生面への配慮は徹底していますが、ボトルの破損や盗難などのリスクが付きまといます。

 

また、水の宅配時に空になったボトルを回収してくれるのですが、これも留守にする時は外に置いておくことになるんです。

万一、ボトルが壊れてしまったら、弁償しなくてはならないこともあります。

 

多機能で細かい要望に応える!アクアクララの詳細はこちら!

詳細を見る

 

5位:使い方次第で月額費用が安くなるウォーターサーバー「コスモウォーター」

コスモウォーター

参照:https://www.cosmowater.com/product/waterserver/smartplus.html#smartDesign

 

  • コスモウォーター
サーバーレンタル代 水の代金 電気代 サポート費用 合計
0円 4,104円 400円 0円 4,504円

 

世界最高レベルの天然水をリーズナブルな費用で利用できる、人気のウォーターサーバーです。

“水のアカデミー賞”と称される国際品評会で、金賞を受賞した水ですから、そのおいしさはお墨付き!

天然水の採水地は全国に3か所あり、利用者の居住地から一番近いエリアから、新鮮な水が直送されます。

 

水のおいしさだけでなく、サーバーの利便性に対する評価が高い点も見逃せません。

コスモウォーターにも、自動クリーニング機能が搭載されていて、定期的なメンテナンスを行わなくても、常に内部の衛生状態が良好に保たれます。

 

また、ボトルの取り付け部分がサーバーの上ではなく、下部にあることも注目です!

非力な女性でも、しゃがんだ状態でカンタンにボトルの交換できるため、主婦層を中心に利用者が拡大しています。

さらに、コスモウォーターは形状が四角形なので、丸形のサーバーより安定性があり、衝撃が加わっても転倒しにくいので、安全性が非常に高いウォーターサーバーと言えます。

 

「コスモウォーター」検討時の注意点

女性に人気のあるコスモウォーターですが、残念ながら沖縄や離島エリアは、サービス対象外となっています。

また、北海道への配送のみ、ボトル1本あたり200円の配送料が発生するんです。

 

水の利用料が多くなればなるほど、配送料がかさんでしまうのは、少し悩ましいと感じますね。

ただし、本州に住んでいる方は、水の代金と電気代しかかかりませんので、安心してサービスの申し込みができますよ。

 

1か月に注文しなくてはならない水の本数は、2本に設定されていますが、自分の都合に合わせて配送の周期を変更したり、1か月間に限って停止できたりします。

(水の配送停止は、回数に限度あり)

 

コスモウォーターは、サービスの申し込みが完了すると、公式サイトから会員専用ページにアクセスできるようになるんです。

ここから、水の配送日変更や追加注文など、さまざまな設定ができるので、仕事や育児で忙しい方は、隙間時間に手続きができます。

ちなみに、定期的なメンテナンスに対応するサービスは提供していませんが、マニュアルに沿った正しい使い方をしていたにもかかわらず、故障が発生した場合は、ウォーターサーバーを無償で新品に交換してくれます。

 

コスパで選ぶならこれで決まり!コスモウォーターの詳細はこちら!

詳細を見る

 

6位:抜きんでた安全性の高さに注目!「サントリーウォーターサーバー」

サントリーウォーターサーバー

参照:https://www.suntoryws.com/server/setting/?gn=sv07

 

  • サントリーウォーターサーバー
サーバーレンタル代 水の代金 電気代 サポート費用 合計
0円 3,846円 700円 0円 4,546円

 

ペットボトルの水でもおなじみの、サントリーウォーターサーバー。

「南アルプスの天然水」が自宅で飲めるということもあって、若い人を中心に人気が高まっています。

サントリーウォーターサーバーの最大の特徴は、冷水とお湯をそれぞれ2段階の温度にワンタッチ調整できること。

冷水は少し温度を上げる、そして、温水は温度を下げることで、電力消費量が少なくなって月額費用が安くなるんです。

 

この温度調整機能は、ウォーターサーバーの利便性アップにもつながります。

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクをつくる時は、熱湯を入れてから冷水で適温に調整するという使い方をしますよね?

サントリーウォーターサーバーでしたら、温水を「弱温モード」に設定しておくことで、粉ミルクを溶かして赤ちゃんに飲ませるのに、最適な温度のお湯が出るのです。

 

また、サントリーウォーターサーバーは、サーバーの重心が下部にあり、水のボトルは本体の中心部に取り付けることから、安定性が非常に高いのも特長。

ボトルを上部に取りつけるタイプのサーバーは、重心が上にあるため、強い衝撃を加えると転倒することも・・・。

 

実際に、いたずら盛りのお子さんがウォーターサーバーにぶつかって、サーバーが故障したり、お湯があふれ出したりといった事故が多発しています。

お子さんがいるご家庭で、ウォーターサーバーを安全に使うことを重視する場合は、サントリーウォーターサーバーや、先ほどご紹介したコスモウォーターを検討してみてはいかがでしょうか?

 

「サントリーウォーターサーバー」検討時の注意点

サントリーウォーターサーバーの水は、1箱7.8リットルで、強度の高いポリエチレンバッグに入っています。

一般的なウォーターボトルより軽いことから、女性でも水の交換が非常に楽で、使い終わったバックの交換も手間なしで処理できます。

 

水はこのバック3個1セットで注文するシステムになっていて、1か月間であれば購入をストップしても、サーバー代や手数料といった追加の月額費用はかかりません。

(水を2か月以上注文しない場合は、事務手数料が1,000円発生)

 

外出することが多い方でも、追加費用の心配なく安心してサービスに申し込めますね。

 

ただし、サントリーウォーターサーバーは、

「他のサーバーに比べて、サーバー本体が非常に重い」

という点に注意です。

 

クリクラやアクアクララは、15~17キロ程度なので、男性ならサーバーを楽に移動できますが、サントリーウォーターサーバーは26キロもあるんです。

力のある男性でも、サーバーを持ち上げて移動するのはひと苦労ですから、サービス申し込み時に置き場所を考えることをお忘れなく。

 

 

7位:月額費用が安い代わりに水の配送料がかかるウォーターサーバー「うるのん」

うるのん

参照:https://ulunom.tokai.jp/products/productgrande

 

  • うるのんウォーターサーバーGrande
サーバーレンタル代 水の代金 電気代 サポート費用 合計
300円 3,796円 521円 0円 4,617円

 

富士山のふもとから採水した銘水を、とってもリーズナブルな値段で楽しめるうるのん。

東海地方限定で始まったサービスですが、水のおいしさが口コミで広まったこともあり、今では全国で富士の天然水が楽しめるようになりました。

 

最大の特徴は、本体に「ライトセンサー」が搭載されていること。

部屋が暗くなるとセンサーが作動して、エコモードが起動。寝ている間や留守中など、ウォーターサーバーを使わない時間は、消費電力が抑えられるのです。

 

また、操作性に優れている点も魅力の1つで、ウォーターサーバー内部の自動クリーニングや、事故防止のためのチャイルドロック(熱湯がカンタンな操作で出ないようにする機能)も、ボタンを押すだけで設定できます。

 

水の費用は、他の天然水より少し安いですね。

さらに、うるのんを3年契約することで、ボトル1本あたり100円の値引きが適用されますから、月額費用は上記の表より200円安い4,417円となります。

おいしい天然水をお得な値段で楽しみたいという方は、うるのんウォーターサーバーGrandeを検討する価値大です。

ただし、配送料に関して注意が必要です。

 

「うるのん」検討時の注意点

うるのんは、全国でサービスを提供していますが、水の配送料はエリアによって異なります。

東京や埼玉を中心とした首都圏エリアは、配送料が無料ですが、東海や関西エリアはボトル1本につき150円、北海道は580円、沖縄に至っては1,580円もかかってしまいます。

月額費用がかなり高額になる可能性がありますので、申し込み前に必ずうるのんのお客様サポートセンターに電話をして、自分のエリアの配送料を確認して下さい。

ちなみに、うるのんでもウォーターサーバー本体の定期メンテナンスは行なっていて、部品などが劣化していたら新品のサーバーと交換してくれます。

 

ただし、メンテナンスの周期は6年に1度です。

自動クリーニング機能があるとはいえ、クリクラやアクアクララのサービスと比べると、少し不安が残りますね。

 

最高ランクの水を味わうなら!うるのんの詳細はこちら!

詳細を見る

 

月額費用と機能性を理解すれば最適なウォーターサーバーが見つかる!

リビングに設置したウォーターサーバー

参照:https://www.suntoryws.com/fun/user/voice04/

 

本記事では、月額費用が安いウォーターサーバーを7台紹介しました。

 

各メーカーの公式サイトを見るだけでは気づかない、細かい費用もかかることがわかりましたね。

月額費用の比較だけでは、自宅で利用するサーバーが決められない場合は、サーバーごとに解説した機能性を吟味してみてください。

お子さんを事故からまもるために、安全性を重視する方でしたら、安定性が高いウォーターサーバーを選ぶべきですし、

 

「とにかくおいしい水が飲みたい」

 

という方は、天然水が選べるアイテムを検討してみれば、きっと大満足のウォーターサーバーが見つかりますよ。