検索されてます!
  1. 安い
  2. おしゃれ
  3. 赤ちゃん
  4. コスパ
  5. 比較

ウォーターサーバーのデメリットとは?解決法も合わせて解説!

ウォーターサーバーの購入を考えている方、ウォーターサーバーにもデメリットが存在することを知っていますか?

すぐにお湯を使えるなど便利な機能を持つウォーターサーバーですが、購入する際にはデメリットも踏まえた上でご家庭に合ったものを選びましょう。

今回はウォーターサーバーのデメリットとその解決方法も合わせてご紹介します!

ウォーターサーバーのデメリット5つ

ウォーターサーバーのデメリット

まずはウォーターサーバーを購入する上で注意しなければならないデメリットを5つ紹介します。

コストが高い

ウォータサーバーは基本的にウォーターサーバー本体をレンタルし、毎月一定量の水を宅配で届けてもらうスタイルになります。

サーバー本体のレンタル料金は基本的に0円のものが多いですが、デザインや物によっては毎月のレンタル代がかかるものもあります。

主にお金がかかるのが毎月の水の料金と電気代。水は注文する量によっても金額が変わりますが平均3000〜5000円程度、電気代は300〜1000円程度かかります。

そのほかにもメーカーによっては初期のサーバー設置代やサポート料が必要な場合もあります。

毎月安く済ませて4000円程度の費用だとすると年間で4万8千円なので決して安くはありません。

スペースをとってしまう

次にウォーターサーバーを設置する際に取られてしまうスペースです。

床置きタイプのウォーターサーバーだと平均高さ1メートル以上で、横幅・奥行きともに35センチ程度あるので部屋に設置するとかなりの存在感を発揮します。

ウォーターサーバーの大きさに加え冷却機能が備わっているため側面や背面にも少しスペースを開ける必要があります。
アパートや一人暮らしの場合は設置する場所を確保するだけでも手がかかります。

容器が重い

ウォーターサーバーの水は宅配により受け取ったものを自分でウォーターサーバーに付け替えることがほとんどです。

ボトルは大体が1本12リットルの量で販売していることが多いので、重さは12キロにもなります。

運ぶのも大変ですが、ウォーターサーバーに設置するとなると持ち上げる作業も必要になるので取り替えに一苦労してしまいます。

水を使いすぎてしまう・水が余ってしまう

ウォーターサーバーの利点として、冷水や温水がすぐに出てくるという特徴があります。飲料以外にも料理に使用したりカップラーメンのお湯として使うこともできます。

そのため、ウォーターサーバーの水を使いすぎてしまう場合があります。手軽に水が出てくるので何かに付けてウォーターサーバーの水を使用してしまうことも。

また、使いすぎてしまうのとは逆に水が余ってしまうケースもあります。特に一人暮らしなど使用する人が少ない場合、宅配された水を使い切れず次の月の水が送られてきてしまうこともあるそうです。

定期的なメンテナンスが必要

ウォーターサーバーの衛生面を保つためにはメンテナンスを行わなければいけません。

ボトル取替式のウォーターサーバーの水は水道水のように塩素消毒されたものではないため、雑菌に弱いです。また、水を注ぐ給水口の部分が丸出しになっているためそこから雑菌が入りやすい傾向にあります。

そのためウォーターサーバーのメンテナンスを定期的にしなければならないという手間がかかります。

ウォーターサーバーのデメリット解決法

デメリット解消法

ここまでウォーターサーバーのデメリットを5つ並べましたが今度はその解決法をご紹介します。

お値打ちなウォーターサーバーメーカーを選ぶ

デメリットでコストが高いとありましたが、中には毎月の料金が優しいメーカーもあります。

サーバーレンタル代、水代などを含めて3000円代で使用できるウォーターサーバーもあるのでこれであれば費用は安く済みますね。

また、ウォーターサーバーの中には省エネモードなど電気の消費を減らす機能を持った物もあるので電気代のコストを抑えることができます。

スリムなウォーターサーバーを選ぶ

何かと幅をとってしまうウォーターサーバーですが、最近はスリムタイプの商品も増えています。幅が30センチ以下のサイズのウォーターサーバーもあります。

A4用紙の縦の長さが30センチ程度なのでそれより少し短いとなるとかなりコンパクトな薄型になります。

また、ウォーターサーバーは床に置くタイプだけではなく机やカウンターの上における小型な卓上タイプの商品も存在しています。

卓上タイプのものであれば、キッチン周りの空いたスペースなど設置できる場所が増えそうです。

下置きのウォーターサーバーを選ぶ

一般的なウォーターサーバーの印象といえばウォーターサーバー本体の上に水のボトルが乗っているイメージがあります。

ですが、ボトル交換時の手間を考慮してボトルを設置する場所が足元にある「下置き型のウォーターサーバー」もあるんです。

持ち上げる必要がないため女性の方でも楽に交換することができます。下置き型のウォーターサーバーにはスタイリッシュなものが非常に多くインテリアとしても外観を損ねる心配もありません。

定額制、注文ノルマのないメーカーを選ぶ

定額制のウォーターサーバー

ウォーターサーバーの種類以外にもレンタルの形態もメーカーにより様々です。

定額制のウォーターサーバー

ウォーターサーバーは基本的に毎月専用の水を宅配で届けてもらう形ですが、実は水道に直結させて水をウォーターサーバーに送るタイプのウォーターサーバーもあるんです。

さらに水道水の不純物を取り除き純水のような状態にしてくれる機能を備えた商品もあるので安心できます。

このようなタイプのウォーターサーバーは定額制で毎月一定の金額を支払うことで好きなだけ水を使えます。ご家族が多い場合や、使いすぎてしまう場合はこちらのほうがお得なケースがあります。

注文ノルマのないメーカー

毎月一定の水が宅配され、料金を支払わなければならない「注文ノルマ」を設けているメーカーは非常に多いです。

ですが、水を使い切る前にまた次の水が来てしまい…。といった悪循環が生まれてしまう時は、注文ノルマがないメーカーを選ぶのもひとつの手です。

好きなタイミングに必要な量だけ注文することができるので余分なお金を支払う必要がなくなります。ただし、サーバーのレンタル代がかかる場合は水を注文していない月でもレンタル代を支払う必要があるので注意です。

メンテナンス性に優れたメーカーを選ぶ

メンテナンス性

ウォーターサーバーは衛生管理上メンテナンスが必要だとお話しましたが、手間のかかるメンテナンスを避けることも可能です。

抗菌仕様のウォーターサーバー

ウォーターサーバーの水は雑菌が侵入しやすいと紹介しましたが、ウォーターサーバー自体が抗菌作用を搭載しているハイテクなものも人気があります。

サーバーに入ってしまう空気をフィルターで浄化にする物、熱水を利用し水の中の雑菌を殺菌する物、給水口の部分など雑菌が入りやすい部分が抗菌仕様になっている物など様々な商品が開発されています。

このようなウォーターサーバーを選べば、日頃の面倒なメンテナンスの手間を省くことができます。

メンテナンスを行ってくれるウォーターサーバーのメーカー

ウォーターサーバーの抗菌仕様を利用する以外にもメーカーが定期的にメンテナンスを行ってくれるサービスを利用するという手もあります。

メーカーによって有料・無料それぞれありますがプロにウォーターサーバーのメンテナンスを任せることができます。

自宅に来て部品を交換してくれたり、サーバー自体を新しいものに交換してくれたりなど様々な仕様があるのでメーカーを選ぶ際にはメンテナンスにおける仕様についても視野に入れましょう。

まとめ:ウォーターサーバーのデメリットは解決できる

ウォーターサーバーのデメリットを解決

今回はウォーターサーバーのデメリットと解決法についてお伝えしました。

使用する環境やニーズによってデメリットはどうしても付きものですが、技術が進歩した現在は様々なシーンに対応したウォーターサーバーがたくさん存在するので是非ご家庭に合ったウォーターサーバーを見つけてくださいね。