コントレックスとエビアンは超硬水?メリットとデメリット

この記事を読んでいるあなたは、

・コントレックスとエビアンはどんな水なのか気になる

・コントレックスとエビアンのメリット・デメリットについて知りたい

・コントレックスやエビアンを買うか決めたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたにコントレックスとエビアンの基礎知識や、メリットとデメリットをご紹介します。

エビアンとコントレックス はどんな水?

たくさんのペットボトル

水にこだわっている人はご存知かもしれませんが、コントレックスとエビアンと聞いてもどんな水かイメージがわかない人も多いでしょう。今回はそんな人のためにも、基礎的なことからご紹介します。

コントレックスとエビアンは海外の水

コントレックスとエビアンはフランスのミネラルウォーターです。しかし、日本にもエビアンやコントレックスを好んで飲む人は多くいるので、はるばる日本にも輸入されています。

コントレックスとエビアンは人気が高いので、百貨店などに行かなくても、お近くのコンビニやスーパー、自動販売機などで見かけることも多いでしょう。

日本のミネラルウォーターと比べて、オシャレな雰囲気に感じる人もいるかもしれません。

コントレックスとエビアンはかなり硬度が高い

日本の水は軟水ですが、コントレックスとエビアンはかなり硬度の高い硬水です。つまり、マグネシウムやカルシウムといったミネラルが豊富に含まれている水ということです。

コントレックスとエビアンは硬水の中でもかなり硬度が高いので、軟水に慣れている日本人の中には、体に合わない人も一定数います。

初めて硬水を飲む人は、一気にたくさん飲まず、コップ一杯ぐらい飲んでみてから様子をみることをおすすめします。

コントレックスとエビアンはやや値段が高め

コントレックスとエビアンはフランスからはるばる輸入されていることもあり、値段が高めです。コストパフォーマンスを気にする人には日本のミネラルウォーターの方がおすすめですが、味や飲み心地などでコントレックス、エビアンの方を好んで買う人もやはりいます。

また、やや価格帯が高めなレストランやイベントでは、一般的なミネラルウォーターではなく、エビアンが提供されるイメージがありますね。

水に高級感を求める人は、手に入れやすい範囲だと、エビアンが高級めなイメージに合っていると言えるでしょう。

コントレックスとエビアンなどの硬水のメリット

ライムウォーター

コントレックスとエビアンなどの硬水のメリットをここでは3つご紹介します。用途に応じて軟水と硬水を使い分けてもいいですね。

洋風の煮込み料理には合う

ヨーロッパの水は硬水が多いということで、やはり洋風の煮込み料理には硬水が合うと言われています。逆に、硬水は和風料理には合わないと言われています。逆に、硬水は和風料理には合わないと言われています。

ただ、好みの話ではあるので、一度硬水を使って洋風の煮込み料理を作ってみて、軟水で作った場合と比べてみるのもいいですね。硬水で作る料理にハマってしまうかもしれません。

レストラン食べた料理の味が他と違うと感じたら、もしかしたらその料理は硬水で作られている可能性もあります。

ダイエットに役立つと評判

特にコントレックスは、芸能人が愛用していると話題になったこともあり、ダイエットに効果的と言われています。特に女性には嬉しいニュースではないでしょうか?

なぜなら、マグネシウムとカルシウムといったミネラルを多く含んでいる水を飲むと、便秘が解消されやすいからです。便秘に悩む人は、硬水を試してみるのもいいかもしれません。

もちろん薬ではないので、過信は禁物です。自分の体と相談しつつ硬水を試してみると良いでしょう。

動脈硬化の予防に

硬水に多く含まれているカルシウムやマグネシウムを摂取すると、血液がサラサラになると言われています。そのため動脈硬化の予防になると期待されています。

また、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを軽減するとも言われています。ただ、治療目的で使いたいと思う場合は、まずお医者さんに相談して、判断を仰ぐようにしましょう。勝手な判断で健康だと思うことをしても実はあまり効果がなかったり、むしろ逆効果になってしまう可能性もあります。

コントレックスとエビアンなどの硬水のデメリット

ペットボトルを持っている人

上記のようにメリットがある硬水ですが、デメリットもあります。ここでは3つご紹介します。

独特の苦味や風味がある

硬水には独特の苦みや風味があります。そのため、日本の水に慣れている人(特に日本で生まれ育った人)にとっては、硬水を飲んだ場合、美味しくないと感じてしまう可能性があります。

しかし、味の好みの問題なので、硬水の独特の苦みや風味が好きという人もいるでしょう。そういう人にはこの苦味や風味がメリットになります。

水の味にこだわる人の中には、硬水を気に入っている人もいるかもしれませんね。

お腹が緩くなる人も

メリットの一つとして、硬水に多く含まれているマグネシウムやカルシウムは便秘解消に効果があり、結果的にダイエット効果にもつながるとご紹介しました。

一方、元々便秘体質ではない人が硬水を飲むと、逆に下剤を含んだ水を飲んでいるような状況になってしまいます。そのため、硬水を飲んでお腹がゆるくなってしまった人は、ミネラルの多い硬水が体質に合っていないと言えるので、軟水を飲んだ方がいいと考えられます。

海外旅行でお腹の調子が悪くなってしまう人は、衛生的な問題や疲れなどの理由もありますが、硬水に多く含まれるミネラルが原因ということも十分考えられます。

赤ちゃんには使えない

硬水はカルシウムやマグネシウムといったミネラルを多く含んでいるため、臓器がまだまだ未成熟な赤ちゃんには飲ませないようにしましょう。特に、粉ミルクと合わせて使うと、ミネラルが多くなってしまうので要注意です。

個人差はありますが、幼稚園に上がる前のお子さんには、硬水ではなく軟水を飲ませてあげるようにしましょう。

せっかくお子さんのためを思って良いミネラルウォーターをあげているつもりでも、実際は「健康に悪影響を与えていた」ということになってしまっては、後悔してしまいます。

好みに応じてコントレックスとエビアンを試すのもあり

いくつかのペットボトル

硬水の中でもかなり硬度が高く、日本でも人気が高いコントレックスとエビアンについてご紹介しました。個々の体質に応じて、効果的に使ってみてください。

軟水ではできなかった体験ができるかもしれません。