猫にウォーターサーバーのお水は与えて大丈夫?猫にとって安全な水とは

猫を飼っている家庭では日頃からいつでもお水を飲めるようにしているケースがほとんどですよね。

最近では自宅にウォーターサーバーを導入している方が増えていますが、猫に与えるお水として健康上問題がないか気になる方も多いのではないでしょうか?

今回はこの記事で猫にウォーターサーバーの水を与えても大丈夫なのかをご紹介します。

 

ウォーターサーバーの水は猫に与えても大丈夫

解説する女性

結論からお答えしますと、猫にウォーターサーバーのお水をあげても問題はありません

ですが、猫のからだは人間のからだとは作りが違うので、「ウォーターサーバーの水を与えること=猫の健康にとって良いこと」ではありません。

軟水を選ぶ

実は猫は人間と比べ腎臓の機能が弱いです。

そのためウォーターサーバーの水がミネラルの豊富な硬水の場合、猫の腎臓に負担がかかってしまい腎不全や尿路結石のリスクが高くなるおそれがあるのです。

なので硬水を避け、ミネラルが比較的少ない軟水であればウォーターサーバーの水でも与えて問題はありません。

軟水のウォーターサーバーについては、以下でまとめているので確認してみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは ウォーターサーバーの水って軟水なの?硬水なの? 軟水ってどんなメリットがあるの? 軟水が飲めるウォーターサーバーでおすすめなのはどこ?上記のように考えているかもしれません。この[…]

滝

 

こまめな交換が必要

ミネラルの少ないものであれば猫にウォーターサーバーの水を与えても問題はないと紹介しましたが、ウォーターサーバーの水を与える際に注意しなければいけないことがあります。

水道水は水の中を衛生的に保つために殺菌効果に作用する塩素を含ませています。

一方、ウォーターサーバーは天然水や水道水特有の臭みが無いことをウリにしているので殺菌作用に効果的な塩素を含んでいません。

そのため、ウォーターサーバーから組んだお水を猫が飲むお皿に移してから長時間放置していると雑菌が繁殖してしまいます。

なので猫が水を飲みきっていなくてもこまめに交換する必要があります。

 

ウォーターサーバーの水と水道水どちらがいいの?

コップに水を注ぐ図

ここまでウォーターサーバーの安全性について紹介しましたが、結局猫に与える水はウォーターサーバーの水と水道水のどちらが良いのかが気になりますよね。

水道水のほうが安全

ウォーターサーバーの水をあげても健康上は問題ないと紹介しましたが、猫にとっては水道水のほうが良いです。

理由は先ほどと同じで猫にはミネラルが悪影響を及ぼす可能性があることと、雑菌が繁殖しやすく長時間放置した水を猫が飲むと体調を崩してしまう可能性があるからです。

ウォーターサーバーと水道水のどちらの水をあげるか迷った場合は水道水をあげたほうがいいでしょう。

ただし、ウォーターサーバーの水で慣れてしまっていると水道水のにおいや味を嫌がって飲まなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

水道水の衛生管理は必要

水道蛇口から水が滴る

水道水の方が安心といっても、自宅の水道水が信頼できる品質のものなのかが大事です。

水道の水がどこから来ているか・水道管の衛生管理は行き届いているかを把握しておきましょう。

猫にとってお水はご飯よりも口にする回数が多く年中欠かせないものなので安心して飲ませられるものを用意してあげることが大切ですね。

ペット用ウォーターサーバー

猫に与える水について記載しましたが、最近はペット専用のウォーターサーバーも数多く販売されています。

最後にペット用のウォーターサーバーをご紹介します。

自動給水器

自動給水機
参照:プレミアムモール|ペット用自動給水器

ペット用のウォーターサーバーにもいくつかの種類がありますがまずはスタンダードな自動給水型のウォーターサーバーについてご紹介します。

自動給水器はその名の通り、受け皿の水がなくなるとセットしておいた水が自動で給水されるつくりの商品です。

種類によってはペットボトルを差し込むタイプの自動給水器もあるのでペットボトルのお水を与えることもできます。

あらかじめセットしておけばい猫が飲みたいときに水がないという事態も防ぐことができます。

ですが、衛生面の問題もあるので水が残っていても最低一日一回以上は交換してあげましょう。

循環式給水器

循環式給水機
参照:猫用自動給水器おすすめ11選

ペット用ウォーターサーバーとしても人気のあるのが循環式給水器です。

電源につないで使うことでセットしている水が給水口から流れ続けるしくみです。

特に猫は張っている水よりも流れている水を好むことが多いので水を繰り返し循環させることで流れる水を作り出すことができます。

同じ種類の水でも流れていることで猫が喜んで飲んでくれることもあるので画期的な商品です。

こちらも猫が一度口をつけた水が循環して流れるので、定期的に新しい水に変えてあげるようにしましょう。

猫に負担が少ないのは水道水

こちらを見つめる猫

水の種類に注意を払えばウォーターサーバーの水を与えることもできますが、衛生面を考えると結果的には水道水の方がより猫にとっては負担が少ないです。

人間は一般的にミネラル水のほうがおいしいと感じるので猫ちゃんにもおいしい水を与えたい気持ちもわかりますが、猫は歳をとると腎不全に陥ることが非常に多い生き物なので猫のからだにあったお水を与えてあげましょう。

ペット用ウォーターサーバーなど水の種類以外にも猫にとっての毎日生活を快適にするアイテムは存在しているので、是非この機会にあなたの家の猫ちゃんが少しでも長生きできる環境を作っていただけたら幸いです。