ウォーターサーバーの解約方法&負担金をご紹介!解約理由を3選ピックアップ

「やっぱり、ウォーターサーバーを解約したい」「ウォーターサーバーと契約する前に解約方法を把握したい」などと考えている方は多いでしょう。

ウォーターサーバーは、解約するさいウォーターサーバーの本体や付属品の返却といった作業が必要です。

また、解約金が発生する場合もあります。

ここでは、ウォーターサーバーの解約方法や解約に至る理由などを徹底的にご紹介しましょう。

結局、おすすめのウォーターサーバーはどれ?

当サイトの人気ランキングでは、
1位の『コスモウォーター』と、2位の『プレミアムウォーター』が3位以下を大きく引き離した2トップでした。

特に『コスモウォーター』は

  • 初期費用不要!毎月の水代だけ
  • 期間限定で最大11,000円相当の新規キャンペーン実施中
  • お家に馴染むインテリアとしてのデザイン性

などの理由で、今一番おすすめのサーバーとなっています。

コスモウォーター

>>コスモウォーターを
お得に申し込む<<<


また、ミネラルウォーター部門では『のむシリカ』が

  • @COSMEで第1位を獲得!今一番話題のミネラルウォーター
  • 美肌効果や健康維持に役立つミネラル成分が豊富

などの理由で今最も注目されているミネラルウォーターです

のむシリカ

>>のむシリカを
20%OFFでお得に申し込む<<<

ウォーターサーバー解約の簡単3ステップ

解約のステップ

ウォーターサーバーは案外簡単に解約ができます。解約のさいに最も面倒な作業は、ウォーターサーバーの梱包です。

梱包は面倒な作業ですが、ウォーターサーバーの梱包さえできれば、もう解約できたも同然。ウォーターサーバーの解約方法から返却の仕方まで詳しくご説明しましょう。

担当者へ解約したいと伝える

まず、ウォーターサーバー解約の意思が固まったらメーカーへ解約の意思を伝えましょう。

解約電話は、ウォーターサーバーメーカーのコールセンターのスタッフや契約のさいの担当者が応じてくれます。

電話やインターネットで解約の意思を伝えるさいに必ず解約金とウォーターサーバーの返却方法を確認しておきましょう。

解約金については、契約時に決まっている場合が多いため契約時の取り決めと変更されていないかしっかりと確認してください。

解約の意思を伝えると、今後の解約の流れをメーカー側が提示してくれます。流れに沿って解約手続きを進めましょう。

サーバー返却の準備をする

ウォーターサーバーの返却方法は、メーカーによって対応が異なるため確認すべきポイントです。

ウォーターサーバー返却のさいに、メーカーから求められる作業は、大きく分けて下記の3種類のうちの1つでしょう。

・水抜きしてウォーターサーバーを梱包する
・水抜きしてウォーターサーバーを梱包しない
・水抜きもウォーターサーバーの梱包もしない

9割方のメーカーから、解約時に水抜きの作業を求められるでしょう。

水抜きとは、ウォーターサーバーから水を抜く10分もかからずに完了できる簡単な作業です。

ウォーターサーバーの梱包に関しては、メーカー側からの指示を受けましょう。メーカーによっては、梱包キットが郵送される場合があります。

担当者にサーバーや付属品を返却

ウォーターサーバーの梱包や水抜きが完了できれば、いよいよ返却です。

宅配会社が引き取りに来ることもありますが、ウォーターサーバーの担当者が直々に取りに来るケースもありますよ。

ウォーターサーバーの返却時には、ウォーターサーバー契約時についてきた付属品も忘れずに返しましょう。

ウォーターサーバーの種類によっては、水やボトルも返却します。

返却すべきものをすべて終えれば、解約完了です。

ウォーターサーバー10社の解約金と最低利用期間

蛇口
ウォーターサーバーは、契約のさいに最低利用期間が定められている場合があります。

最低利用期間の前に解約すると解約金が発生するため注意が必要。

ウォーターサーバーを利用する前に、必ず解約金と最低利用期間についてメーカー側に問い合わせましょう。

ここでは、主なウォーターサーバーメーカーの解約金と最低利用期間をご紹介します。

10社の解約金まとめ

10社の解約金をまとめました。

コスモウォーター9,000円
アクアクララ3,000円
クリクラ0円
信濃湧水10,000円
アルピナ4,762円
サントリー天然水3,300円または7,700円、条件次第で0円
ウォータースタンド10,000円
フレシャスウォーターサーバー9,000円
ワンウェイウォーター14,000円・9,000円・5,000円のいずれか、条件で異なる
プレミアムウォーター10,000円・15,000円・20,000円のいずれか、条件で異なる

解約金の相場は8,000円から15,000円程度。

メーカーによっては解約金が全くかからない場合もありました。

解約金が気になる方は、解約金がかからないウォーターサーバーがオススメです。

解約金は、最低利用期間内に解約すると発生するため各メーカーの最低利用期間も把握しておきましょう。

10社の最低利用期間

10社の最低利用期間をまとめました。

コスモウォーター2年
アクアクララ1年経過後の更新月以外
クリクラ無し
信濃湧水1年
アルピナ1年
サントリー天然水更新無し、1度更新、2年以上更新で解約金が異なる
ウォータースタンド1年未満の解約
フレシャスウォーターサーバー2年、条件次第で1年
ワンウェイウォーター無し
プレミアムウォーター3年、条件次第で2年

最低利用期間は、1年から2年程度が多かったです。

もちろん、最低利用期間が設定されておらず、解約金もないウォーターサーバーもありました。

ウォーターサーバーが生活に合うかわからない方は、まず、最低利用期間と解約金が生じないメーカーを選んでください。

ウォーターサーバーを解約した理由3選

水を飲む女性
ウォーターサーバーを解約する理由として多いものは、価格が高い、水が体に合わない、場所を取るの3点です。

ウォーターサーバーを検討して契約するなら、やっぱり長く使い続けたいですよね。

ウォーターサーバーの解約理由を知った上で、失敗しないウォーターサーバー選びを行いましょう。

解約理由として多い「価格が高い、水が体に合わない、場所を取る」の3点を詳しくご説明します。

ペットボトルより価格が高い

ウォーターサーバーは、12リットル1本1,000円程度と考えると2リットル約170円です。

コンビニやスーパーでは、2リットル80円から100円程度で販売しています。

ウォーターサーバーは、市販の水よりやや割高といえるでしょう。

ただ、ウォーターサーバーの場合は、重たい水を購入する手間が必要ありません。

小さな子どもがいる家庭だと水を購入する手間がないだけで買い物が随分と楽になるでしょう。

安さを取るか楽を取るかでウォーターサーバーの必要性が異なります。

水が体に合わない

ウォーターサーバーの水は、メーカーによって味が異なります。

ウォーターサーバーのボトルは基本的に1本12リットル。

水を1口飲んでまずく感じると、12リットル全て空にするのは至難の技でしょう。

長く付き合う水だからこそ納得した味を選びたいですよね。

水の味に後悔したくない方は、契約したいウォーターサーバーメーカーの味をあらかじめ口コミなどを見て調べておきましょう。

場所をとる

ウォーターサーバーは、意外と大きく高さもあります。

部屋の中で存在感があるため、いざ、設置すると「思ってたより場所をとって邪魔だな」と感じる方もいるでしょう。

ウォーターサーバーの置き場所に困らないためには、部屋のサイズに合ったものを選ぶべき。

最近のウォーターサーバーの中には、身長が低くサイズが小さなものもありますよ。

キッチンカウンターに設置できるほどコンパクトなウォーターサーバーなら場所もとらないでしょう。

ウォーターサーバーの最低利用期間を確認してから解約しよう

きれいな水
ウォーターサーバーは、最低利用期間を過ぎ解約金が発生しない時期の解約がオススメです。

解約する場合は、ウォーターサーバーの梱包や水抜きの作業が伴う可能性もあるため留意しましょう。

ウォーターサーバーの種類や用途、最低利用期間などは、契約時にメーカー側にしっかりと確認してください。

ウォーターサーバーを解約しなくて済むように自分の生活スタイルに合うウォーターサーバー選びが重要ですよ。